評論家鼎談、2021年・下半期「ベスト日本映画」はこれだ!

2022.3.10 07:00

映画評論家のミルクマン斉藤氏、田辺ユウキ氏、春岡勇二氏(左より)

(写真12枚)

「今年の助演男優賞は鈴木亮平しかない」(春岡)

田辺「田辺「そうですね。そりゃぁそうですわ。すごいなぁと」

春岡「主演の松坂桃李が可哀想だったな」

斉藤「だからさ、『仁義なき戦い 広島死闘篇』やんか。主役の菅原文太が全然目立たず、北大路欣也と千葉真一の映画になった第2作。白石監督もそれは意識の内だったみたいやけど」

春岡「そのまんまだよな。今回はもはや鈴木亮平の映画」

田辺「この耳の形、反則でしょ(笑)」

映画『孤狼の血 LEVEL2』のキャラクターポスター、上林成浩役の鈴木亮平 (C)2021 「孤狼の血 LEVEL2 」製作委員会

斉藤「ヤバいよなぁ(笑)。映画史上最凶レベルよ。この前後でドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』とかやってて、どう切り替えてんねんって」

田辺「漫画になってないんですよね、眼を潰すの。怖いですよね」

斉藤「だから上林(鈴木)は、チンタ役の村上虹郎に対してもさ・・・」

春岡「自分と同じような境遇にいて、こいつは裏切らないと思っていたのに裏切られた。それは殺しちゃうよってことになる」

斉藤「朝鮮人問題をダイレクトに描くシーンの背景に、原爆ドームをどーんと出してきてさ。まさに『仁義なき戦い』」

田辺「あれは僕も撮影現場に見に行きましたけど、ほんとに作ってましたからね。ちゃんと家屋から覗けるようにしてましたからね」

斉藤「あれはもう狙ったショットだったからね、あれが撮りたいという」

田辺「あれが1作目でリンチの現場だった豚小屋が見えるところにね」

斉藤「続編としては素晴らしい。ちゃんと原作の続編に続くように最後やってるやろ」

春岡「鈴木亮平の役は、やっぱり存在が悲しいじゃん。そこには朝鮮人問題とか部落問題があって、そこから目を逸らさなかった笠原和夫の世界だな。そのへんは大事にしてるよ、白石監督は。まったくリアルじゃない快楽殺人とかじゃなくて、世話になった焼き肉屋のおばちゃんのところに行ったりとか、そういう人間味があるキチガイだから、悲しいのよ」

映画『孤狼の血 LEVEL2』予告編

斉藤「でも、狂犬過ぎるけどね(笑)。で、最後の松坂と鈴木の決闘シーン。そのクライマックスでテーマ曲がガーンと鳴り響く。おお、ここまで引っ張りますかみたいなカタルシス」

春岡「ここで言うのもなんだけど、寺島進とかまったくこの世界に馴染んでないんだよな。やっぱり東映とは違うところで育ってるから、その世界観を知らないんだろうなって」

田辺「寺島さんは北野映画のヤクザですよね」

春岡「北野監督はある意味、アンチ東映映画だから」

斉藤「深作欣二の血は入ってるかもしれないけど、東映の血は入ってない」

田辺「闘争シーンとか見ててもちょっと違うなって。面白いは面白いですけどね」

斉藤「やっぱり『アウトレイジ』の拷問シーンなんて全部笑えるやん。でもこれは正直残虐すぎて」

田辺「なんの事情も知らないピアノの先生(筧美和子)の眼を抉って、犯すという」

上林役の鈴木亮平(左)と、日岡(松坂)のスパイで上林の舎弟・チンタ役の村上虹郎 (C)2021 「孤狼の血 LEVEL2 」製作委員会

斉藤「無茶苦茶。それが映画のオープニングってどないやねんって。この映画、あそこで引く人メッチャいると思う」

春岡「こういう怪物はなかなかやろうと思っても作れない。役者と監督が共同してやらないと絶対にできない。しかも悲しい怪物でもある。それが狙い以上のものになったと思う、今年の助演男優賞は鈴木亮平しかないじゃん」

【白石和彌監督インタビュー記事はこちら】

斉藤「人情の欠片もない、『仁義の墓場』の石川力夫(渡哲也)を思わせるキャラクター。絶対日本映画史には残ると思うよ、鈴木亮平は。『孤狼の血2』は後世、カルト映画になると思う」

田辺「あと、アニメーション作品も秀作そろいでしたね」

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本