評論家鼎談、2021年・下半期「ベスト日本映画」はこれだ!

2022.3.10 07:00

映画評論家のミルクマン斉藤氏、田辺ユウキ氏、春岡勇二氏(左より)

(写真12枚)

「とにかく展開が予想を裏切りまくる」(斉藤)

田辺「僕はちょっとしんどかったですねぇ、テレビドラマが・・・」

春岡「映画はテレビシリーズの続きなの?」

斉藤「いや、アナザーワールド。ドラマはマンション内の連続殺人なんだけど、それが起こらなかったという想定で、登場人物がみんなクルーズ船に乗ったらっていう」

春岡「それが映画版なんだ」

DEATHやハエなど、意味深な映画『あなたの番です 劇場版』ポスター (C)2021『あなたの番です 劇場版』製作委員会

斉藤「でも、登場人物はほとんど一緒なの。キャラクター設定はテレビと同じで。作り方としては今まで無かったタイプ」

春岡「主役は誰なの?」

斉藤「原田知世と田中圭が年の差夫婦を演じてる。企画・原案が秋元康なんで、最初っから仕掛けるつもりで作ってる」

春岡「新しいメディアミックス展開という?」

斉藤「一般視聴者をSNSで参加させている、それが大きい。この広がりは、秋元康の想像以上やと思うけど。それに、出てくる役者が舞台出身のやり手ばっかりなんで、みんな楽しんでやってるのよ」

春岡「そういう意味では、秋元康ってやっぱり時代を見る目があるよな」

斉藤「インディペンデント系の役者集めて共演させて、舞台の作家に脚本を書かせて、ミステリーで遊ぶという。前原滉くんとかもこれで名前が知れたもんな。今や堂々と竹野内豊と2人でCMに出てる」

春岡「みんな重箱の隅をつつくようにして観るから、逆に劇中で目立たない役者の方がインパクトあったりするんだよな。それはうれしいよなぁ。ちょい役だけど、ものすごく注目されるんだから」

田辺「観てる人が参加したくなる仕掛けもあって、さすが秋元康ですよね」

春岡「『会いに行けるアイドル』と同じカタチ。みんな共演者気分でドラマに参加できますよと。そういう意味でトピックスとしては採り上げたいね」

斉藤「あくまでトピックとしてね(笑)。あと『由宇子の天秤』はどうだった?」

春岡「観た、観た。あれは頑張ったよな、春本雄二郎監督。父親の光石研が教え子と関係をもってしまうという、主人公のドキュメンタリーディレクター役。瀧内公美はああいうの演らせるといいよ」

斉藤「シナリオも良く出来てるしね。とにかく展開が予想を裏切りまくるからね。どう進んでいくか分からないミステリー要素も結構あるし」

田辺「長編映画第1作の『かぞくへ』と比較しても、春本監督はよくここまでステップアップしましたね。当時も社会問題をテーマにしてましたけど」

斉藤「それでいて、ちゃんとエンタテインメント性もあるのよ、『由宇子の天秤』は。その違いは大きい」

田辺「あのときは、ちょっとヒューマン過ぎたところがありましたけど、今回は問題意識としても時代に合ってる」

斉藤「そう、善悪の彼岸の話だから。テーマ性はがっちりあるんだけど、長尺なのに面白いっていうのが大きいね」 

田辺「僕が推したいのは、吉田恵輔監督の『空白』ですね」

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本