評論家鼎談、2021年・下半期「ベスト日本映画」はこれだ!

2022.3.10 07:00

映画評論家のミルクマン斉藤氏、田辺ユウキ氏、春岡勇二氏(左より)

(写真12枚)

「表舞台でも評価されようってことで」(田辺)

春岡「たぶん『空白』が1位だと思うよ、吉田監督のなかでは」

斉藤「そうかなあ~。もちろん嫌いじゃないんだけど、吉田恵輔にしてはマジ過ぎんねん。吉田恵輔は軽くてナンボ、笑わせてナンボ、そこで人生の喜怒哀楽を全部表現してのけるのが本領やと思うんやけど、これは笑いの要素がほぼゼロだから」

春岡「本人も言ってた、笑い無しの吉田恵輔をお見せしますって」

斉藤「いやー、俺的にはそんなん要らんねん」

春岡「『BLUE/ブルー』も良かったんじゃない?」

斉藤「あれもマジ過ぎるじゃん。監督自身がボクシングやってるからさ」

田辺「吉田監督はここらでそういうのを1本撮って、表舞台でもちゃんと評価されようってことですよ」

春岡「だと思ったよ」

田辺「この間、SNSで見たんですけど、娘役の伊東蒼についての書き込みが面白くて。『あの娘の父親を、そろそろ良い奴にしてくれ』って。『空白』が古田新太、『さがす』が佐藤二朗だったらから(笑)。あの子が不遇すぎるって」

斉藤「あの子、はっきり言って不幸顔やしね。朝ドラの『おかえりモネ』に出てきてもちょっと不穏さが(笑)」

田辺「トラックに轢かれるシーンはちょっと戦慄が立ちましたね」

斉藤「ちょっとじゃないよ。びっくり仰天だよ」

天才子役と絶賛相次ぐ大阪出身の伊東蒼 (C)2021『空白』製作委員会

田辺「中野量太監督の『湯を沸かすほどの熱い恋』(2016年)や入江悠監督の『ギャングース』(2018年)、2012年の大河ドラマ『平清盛』にも出てますね、彼女」

斉藤「平清盛? そんなに昔から出てるんだ!」

春岡「沖縄の映画かなんかに出てなかった? あ、新藤風監督の『島々清しゃ』(2017年)だ」

田辺「結構よく見る顔なんですよね」

斉藤「まあとにかく、今年のアヴァンタイトルのベスト」

田辺「血が頭からさーっと流れてくる。吉田恵輔監督、人を轢くシーン好きですよね」

斉藤「もしくは、轢きそうなほど追いかけるとかね。いやぁ、見事な殺し方。でもあれがないと後の話が成り立たないからさ」

春岡「あれはどっちが悪いんだって言うね。古田がずっと詰め寄るけど、松坂は遠いところに立ってただけで、轢いたのは別の人間だという・・・」

田辺「寺島しのぶ(笑)」

映画『空白』 (C)2021「空白」製作委員会

斉藤「あれはちょっと笑わせるよな」

田辺「観る人によっては、あの寺島しのぶと自分が重なって痛すぎると思いますよ」

春岡「あの親切の押し売りおばさんみたい、ありゃ素晴らしかったなぁ」

田辺「吉田恵輔監督は、『Lmaga.jp』でも結構取材してきたじゃないですか? これでようやく日の目を見る」

春岡「そういう感じじゃないの?」

斉藤「ここで日の目を見て欲しくないな。やっぱり笑わせる『犬猿』(2018年)あたりでね」

【吉田恵輔監督インタビュー記事はこちら】

春岡「ここらでちょっと世間に分からせないと、っていうのがあったんだと思うよ」

斉藤「そりゃあ、あるよ。彼はあんだけ頑張ってるのに。で、松坂桃李といえば、やっぱり『孤狼の血 LEVEL2』」

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本