占い

カメリア・マキの魔女占い

Profile

カメリア・マキ・ダークムーン

『SAVVY』誌では創刊時よりホロスコープを担当。アメリカで魔女学を修め、当時の全米魔女協会より魔女名・Darkmoonを受けた日本人初の魔女。池袋コミュニティカレッジで魔女学の講師を務めた後、現在北海道でカルチャースクール講師、弟子の養成にあたる。著書に『魔女のメッセージ』などがある。

魔女の近況2021.8.3 Update

今日も1日暑かった。『全国の最高気温』記録に、この街の名も出て来る。いつもなら涼しい風が吹き始める午後4時を過ぎても、窓を開ければ入って来るのは熱風。雨もしばらく降らず、生まれた時からここに住んでいる人たちからも、『こんなに暑いの初めて』と聞く。エアコンなしで35度を超えると、水で絞ったタオルで襟巻していても、15分で水はお湯に変り、ほとんど思考停止状態になる。猫はどうしている?大丈夫か?と探してみると、お客のない時は締め切りの占い部屋の床に落ちていた・・・確かにここはセキュリティのため、我が家で唯一屋外に接する窓のない部屋で、暗くて、涼しい。それなら、私も・・・とブランケット敷いて隣で昼寝。起きている間はとにかく仕事、仕事だけだった東京時代を思えば、暇を嘆くより、それなりに優雅と言えなくもないのかも(と、思うことにしよう)。耐え難い暑さの1日が終わると、夜の空は一段と漆黒で透明度を増すように思える。夜半、南の中天に白く輝くのは、またたかない白い星、木星。月のないこの夜、その光は本当にまぶしいほど。人類が誕生する遥か昔からそこにあり、私が人生を終わってからも輝き続けるであろうその星。地上は何かと慌ただしいけれど、天体の運行を冷静に眺め、検証することで生きている人間が、今どんな状況に置かれ、次に何をなすべきなのかを考えることもできる。それは永遠の中の一瞬を実感する瞬間。とにかく暑い毎日。心の翼をはばたかせ、宇宙の果てに思いを馳せる、輝きを取り戻せるのは、深夜2時間くらいの間・・・という生活は当分続きそうです。

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本