評論家鼎談、2021年・下半期「ベスト日本映画」はこれだ!

2022.3.10 07:00

映画評論家のミルクマン斉藤氏、田辺ユウキ氏、春岡勇二氏(左より)

(写真12枚)

「インディペンデント系は面白かった」(斉藤)

斉藤「『彼女はひとり』は観た?」

田辺「中川奈月監督、評判良いですよね」

斉藤「立教の大学院の卒業制作やけど、脚本の良さから黒沢清映画で知られる芦澤明子さんが撮影監督を引き受けて、これが素晴らしい幽霊映画で、めちゃくちゃ面白い」

春岡「卒業制作やけど、劇場でやってるの?」

斉藤「やってる。彼女は売れると思うよ」

春岡「知らなかった、これは覚えておこう」

田辺「下半期は、こんなもんですかね?」

斉藤「いや、面白いのはまだあったよ。宮岡太郎監督の『成れの果て』とか、松本花奈監督の『明け方の若者たち』とか」

田辺「たしかに、『成れの果て』は良かったですね」

斉藤「そうなのよ。主演の萩原みのりと、『千と千尋の神隠し』(2001年)で千尋の声を演じた柊瑠美による、まさに地獄の親子映画。もういたたまれない。インディペンデント系はすごい面白かった」

田辺「松本花奈監督も、ちゃんと音楽の混じり方というねぇ。すごく丁寧にやってましたね」

斉藤「ちゃんと明け方のマジックアワーをちゃんと捉えて」

田辺「テレがないですよね。あれを50才60才の人がやるとちょっと痒いなってなるけど、30代の監督がやると清々しいという」

斉藤「あと、園子温の監督『エッシャー通りの赤いポスト』もすごかった。さすがに園監督の原点」

田辺「今までの園子温を否定してた人たちがみんな手のひら返して、『あれは良い!』と言ってますね」

映画『エッシャー通りの赤いポスト』予告編

斉藤「大群像劇で、ほとんど演技経験のない若い奴をワークショップで連れてきてるんだけど、キャラクターがみんな立ってるって言うか、最後は大戦闘映画になるという」

田辺「結構ロングランしてますね」

斉藤「ワークショップって大嫌いやったんやって、偽善的で金も取るし。でも、呼ばれてやってみたら結構面白かったんやて」

田辺「本来、ワークショップをやるべき人ではない(笑)」

斉藤「爆発力はすごいからね。ドブ走らせたり」

春岡「やはり園子温、っていうかね。園子温監督とか三池崇史監督とかは、金を持たしちゃいかんのよね」

【園子温監督インタビュー記事はこちら】

斉藤「あとは、松本壮史監督の『サマーフィルムにのって』とか、穐山茉由監督の『シノノメ色の週末』」

田辺「あれ良かった。『月極オトコトモダチ』の穐山茉由監督ですよね?」

斉藤「そう。あれもガールズムービーやけどね。もうすぐ取り壊されることになる高校に、週末だけ同級生3人がセーラー服着て集まるのよ。言ってみればただそれだけの話なんだけど(笑)」

田辺「主人公がモデル崩れなんですけど、プライドが捨てられない。でも周りはどんどん出世していくから、で、自分ってどうよ?って話を週末の廃校に集まって思い返していくという」

映画『サマーフィルムにのって』 (C)2021「サマーフィルムにのって」製作委員会

斉藤「ずっともの悲しいのよ。アラサーでさ、高校卒業して10年経って学校がいよいよ跡方なくなる、諸行無常の悲しさ。あの主演の子もAKBグループよな?」

田辺「桜井玲香という、乃木坂46のリーダーだった子です。『シノノメ〜』は僕は結構上位に入りますね」

【桜井玲香インタビュー記事はこちら】

斉藤「丸山健志監督の『スパゲッティーコード・ラブ』は観た? コロナ禍における群像劇。なかなか良いキャストで、しかもやっぱり画も良くって。MONDO GROSSOと満島ひかりのMVがあったやん。香港の街中で移動ワンカットで魅せる、あれを撮った監督」

田辺「あ~! 僕、監督の作品好きなんですよ。『ラビリンス』のMV、めっちゃ良かったですね」

斉藤「大移動を1カット1キャメで。香港の夜の商店街の真ん中で、満島ひかりが勝手に踊りまくる。この初監督映画もおしゃれではあるけど、決して表面的なだけではない今の空気を切り取ってみせてる。あとタナダユキ監督の『浜の朝日の嘘つきどもと』」

春岡「あれ面白かったよ。俺は好き」

斉藤「あれ、映画版の前に放送されたテレビ版があるんですよ。いまアマプラでやってるけど、映画版の後日譚なの」

田辺「じゃあ、そろそろトップ5決めますか。3人揃ってなら『ドライブ・マイ・カー』が入るでしょうけど、個人的には・・・」

春岡「俺は『空白』、『茜色に焼かれる』。それに『由宇子の天秤』を入れたトップ3だな」

斉藤「『AIの歌を聴かせて』、『サマーフィルムにのって』、『彼女はひとり』。これの3本かな」

田辺「僕は『ドライブ・マイ・カー』と『シノノメ色の週末』、そして、『サイダーのように言葉が湧き上がる』ですね。あ、そういや『孤狼の血2』が入ってないですね」

斉藤「『孤狼の血2』はアウトサイドな感じだから。言ってるやん、後世でカルトムービーとして崇め奉られるって(笑)」

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本