朝ドラ「舞いあがれ!」、ヒロインの家族演じる4人を発表

2022.2.7 17:15

左上から時計回りに、高橋克典、永作博美、高畑淳子、横山裕 (C)NHK

(写真2枚)

2022年度後期に放送される、NHK大阪放送局制作の連続テレビ小説『舞いあがれ!』。ヒロイン・舞の家族を演じる共演者4人が発表された。

1990年代から現代を描く『舞いあがれ!』は、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、夢に向かうヒロインの挫折と再生の物語。

東大阪市の町工場で生まれ育ったヒロイン・舞(福原遥)は、大学で人力飛行機サークルに入ってつくり手として活動するが、ひょんなことからパイロットに転身することになり、自らが大空を飛ぶことを経験。大きな感動を覚え、旅客飛行機のパイロットを志す・・・というものだ。

そんな舞の父で、東大阪の町工場を経営する二代目社長・浩太を演じるのは高橋克典。舞とは互いに飛行機好きで、同志のような間柄になっていくという。そして母・めぐみ役は永作博美。2人の子どもが幸せになるよう、手厚く守ろうとする家族愛にあふれた母親を演じる。

また、舞の3歳上の兄・悠人(はると)を演じるのは、関ジャニ∞の横山裕。油の匂いと機械音がうるさい工場の町が子どものときから嫌いな悠人は、勉強が得意でプライドが高く、早く工場町から抜け出して大金を稼ぎたいという野心を持つ人物だ。そして五島列島に住む舞の祖母で、自分の力で生きていくことをモットーにしている才津祥子を、高畑淳子が演じる。

4人の起用について、制作統括・熊野律時氏は「すばらしい方々にご出演いただくことが決まり、舞いあがっています! 個性豊かな家族が、追い風にも、向かい風にもなりながら、ヒロインが夢を抱いて空高く舞いあがる人生に深く関わっていきます。秋からの放送を楽しみにお待ち下さい!」とコメントした。

『舞いあがれ!』は2022年3月下旬にクランクイン予定。2022年春は沖縄が舞台で黒島結菜がヒロインを演じる『ちむどんどん』が放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本