藤井フミヤ「絵を勉強していたら歌手のフミヤはいない」

2020.2.17 21:00

阪急うめだ本店のトークショーに出演した藤井フミヤ(2月17日・大阪市内)

(写真9枚)

数々のアート作品を発表してきたミュージシャン・藤井フミヤが2月17日、個展『The Diversity 多様な想像新世界』の大阪開催を記念してトークショーを実施。展示作品の解説や制作時のエピソードを披露した。

1993年に初個展を開いてから、画家としても活躍。2003年の『FUMIYART』展以降は活動は休止していたが、昨年、東京で16年ぶりに同展を開催して大盛況に。今回の大阪会場では、新作も含む約100点の作品が展示されている。

藤井は絵を描き始めたきっかけについて、「子どものときから図工と美術だけ成績が良かったんです。だから、そっちの方向へいくと思っていました。ちゃんと勉強をしていたら、歌手の藤井フミヤはいない。チェッカーズのときもチケットのデザインは自分がやったりしていました」と、明かした。

そして、昭和の人気音楽番組のごとく『フミヤート ザ・ベストテン』と題して、10作品を選んでトーク。そのなかで一番古い作品、『WINDOW』(1993年)について、まだ一般的ではなかったAdobe Photoshopを使用したことに触れ、「(ソフトを)初めてさわったときはびっくりした。おもしろすぎる、と思ってコラージュ作品をやりはじめたんです」とかなり熱中したとのこと。

ただ、「あの時代は、フィルターをかけただけで、30分は時計がまわりっぱなし(作業が完了するまで待機する状態)でした。ソフトも、車が一台買えるくらいの金額。それなのに、今のスマホの方がスペックは上なんですよ」と、笑って振りかえった。

そのほかにも、油絵、色鉛筆、キラキラシールを使ったものなど、バラエティ豊かな作品が並ぶ企画展は2月24日まで開催。一般・大学生800円。

取材・文・写真/田辺ユウキ

『Fumiyart 2020 藤井フミヤ展 The Diversity 多様な想像新世界』

期間:2020年2月16日(日)〜24日(祝・月)
時間:10:00~20:00(金土曜は~21:00、最終日~18:00)※最終入場は各30分前
会場:阪急うめだ本店9F 阪急うめだギャラリー(大阪市北区角田町8-7)
料金:一般・大学生800円、高校生以下無料
電話:06-6361-1381

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本