藤井フミヤ「絵を勉強していたら歌手のフミヤはいない」

2020.2.17 21:00
  • 阪急うめだ本店のトークショーに出演した藤井フミヤ(2月17日・大阪市内)
  • 藤井がかつて観ていた『マジンガーZ』などロボットアニメを意識した作品。「今って地球の周りがゴミだらけと言いますよね。だから、こういう形のものが宇宙に浮く時代もくるんじゃないかなって」と時代の流れも反映したという「Al Girl Space」 2019年 71.5×115.5cm 油彩・キャンパス
  • チェッカーズ時代を思い起こす音楽番組をオマージュ
  • 『WINDOW』は第8位
  • 会場風景、左手前が作品『WINDOW』
  • さまざまな生物を組み合わせて人体像を描き、藤井は「家中に『ポケモン』が1000匹くらいいたんです」と、子どもたちの好きなものが作品づくりに影響したことを語った。「楽園追放 妖精の崩壊(EVE)」 2001年 95×70cm 色鉛筆・紙
  • 「グラフィティーガールⅡ」 2019年 89×89cm CG・キャンパス
  • 「AQUARIUS」 2002年 69×52cm 紙・切り絵
  • 「Stricker mosaic KANNON」 2004年 92×91cm シール・アクリル板
  • 阪急うめだ本店のトークショーに出演した藤井フミヤ(2月17日・大阪市内)
  • 藤井がかつて観ていた『マジンガーZ』などロボットアニメを意識した作品。「今って地球の周りがゴミだらけと言いますよね。だから、こういう形のものが宇宙に浮く時代もくるんじゃないかなって」と時代の流れも反映したという「Al Girl Space」 2019年 71.5×115.5cm 油彩・キャンパス
  • チェッカーズ時代を思い起こす音楽番組をオマージュ
  • 『WINDOW』は第8位
  • 会場風景、左手前が作品『WINDOW』
  • さまざまな生物を組み合わせて人体像を描き、藤井は「家中に『ポケモン』が1000匹くらいいたんです」と、子どもたちの好きなものが作品づくりに影響したことを語った。「楽園追放 妖精の崩壊(EVE)」 2001年 95×70cm 色鉛筆・紙
  • 「グラフィティーガールⅡ」 2019年 89×89cm CG・キャンパス
  • 「AQUARIUS」 2002年 69×52cm 紙・切り絵
  • 「Stricker mosaic KANNON」 2004年 92×91cm シール・アクリル板
(写真9枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本