子どもと楽しめる奈良「正倉院展」の魅力

2019.11.6 08:00
  • 2019年度の『親子鑑賞会』で解説する学芸員。親子連れ約140人が参加した(10月27日・奈良国立博物館)
  • 親子鑑賞会で「赤漆文欟木御厨子」を聖武天皇が大事なものをしまった戸棚と説明する清水学芸員
  • 学芸員解説のあとの親子自由鑑賞で熱心に宝物を見入る小学4年生の岡田未来さん(10月27日・奈良国立博物館)
  • 子ども向け音声ガイドの「東大寺博士のまるわかりガイド」(550円)。幼稚園年長や小学校低学年でも簡単に操作できる
  • 歴史的な豆知識も盛り込み、小学生から高校生まで楽しめる内容の新聞。写真やイラストをふんだんに使い、平易な言葉で書かれている
  • 『正倉院展』の期間だけ設置される「無料託児室」
  • 「赤漆文欟木御厨子」に「紅牙撥鏤尺」と一緒に納められたとされる「緑牙撥鏤尺」。おめでたいとされる花鹿が表された緑色(青色)の30センチ物差しだ
  • 一尺(30センチ)のカラフルな物差しと説明があった「紅牙撥鏤尺」
  • 煌びやかな装飾が美しい「紫檀金鈿柄香炉」。新聞では「お坊さんが手に持ち、お香をたくのに使いました。高級な木・紫檀でできており」と低学年でも分かる表現で記載されている
  • 「続修正倉院古文書別集 第四十八巻」の大大論戯画を「当時、紙は貴重だったんです。みなさんも授業中に落書きしなかった? 昔の人も落書きをして遊んだんですね。怒っているおじさんの絵です」と説明
  • 2019年度の『親子鑑賞会』で解説する学芸員。親子連れ約140人が参加した(10月27日・奈良国立博物館)
  • 親子鑑賞会で「赤漆文欟木御厨子」を聖武天皇が大事なものをしまった戸棚と説明する清水学芸員
  • 学芸員解説のあとの親子自由鑑賞で熱心に宝物を見入る小学4年生の岡田未来さん(10月27日・奈良国立博物館)
  • 子ども向け音声ガイドの「東大寺博士のまるわかりガイド」(550円)。幼稚園年長や小学校低学年でも簡単に操作できる
  • 歴史的な豆知識も盛り込み、小学生から高校生まで楽しめる内容の新聞。写真やイラストをふんだんに使い、平易な言葉で書かれている
  • 『正倉院展』の期間だけ設置される「無料託児室」
  • 「赤漆文欟木御厨子」に「紅牙撥鏤尺」と一緒に納められたとされる「緑牙撥鏤尺」。おめでたいとされる花鹿が表された緑色(青色)の30センチ物差しだ
  • 一尺(30センチ)のカラフルな物差しと説明があった「紅牙撥鏤尺」
  • 煌びやかな装飾が美しい「紫檀金鈿柄香炉」。新聞では「お坊さんが手に持ち、お香をたくのに使いました。高級な木・紫檀でできており」と低学年でも分かる表現で記載されている
  • 「続修正倉院古文書別集 第四十八巻」の大大論戯画を「当時、紙は貴重だったんです。みなさんも授業中に落書きしなかった? 昔の人も落書きをして遊んだんですね。怒っているおじさんの絵です」と説明
(写真10枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本