子どもと楽しめる奈良「正倉院展」の魅力
2019.11.6 8:00

子どもと楽しめる奈良「正倉院展」の魅力

「奈良国立博物館」(奈良市)で毎年秋に開催される『正倉院展』。実は、子ども向けコンテンツが充実しており、専門的なことを知らなくても楽しめるのをご存じですか?

9年前から読売新聞社と協力し、『子どもが楽しめるように』とさまざまな工夫を凝らしている同展。それは、親子鑑賞会、子ども向け音声ガイド、「KODOMO(子ども)新聞」、といった企画で実現されている。

「親子鑑賞会、日常生活から想像しやすいガイダンス」

ファミリーに人気なのが、2010年から毎年1回だけおこなわれる『親子鑑賞会』。「奈良国立博物館」の学芸員が30分かけて展示内容を解説してくれ、その後、親子で自由鑑賞できるというもの(小中学生向けの「正倉院展キッズサイト」から要申し込み)。

2019年度の『親子鑑賞会』で解説する学芸員。親子連れ約140人が参加した(10月27日・奈良国立博物館)
2019年度の『親子鑑賞会』で解説する学芸員。親子連れ約140人が参加した(10月27日・奈良国立博物館)画像一覧

今年の鑑賞会は、10月27日に開催。担当した清水健学芸員は、「普段の生活に縁があるもの、日常生活から想像しやすいものを意識して、宝物と宝物のつながりが分かるように説明しています」と、子ども向けに解説する際のポイントを話す。

「難しい名称の宝物を子ども向けに解説すると・・・?」

親子鑑賞会で「赤漆文欟木御厨子」を聖武天皇が大事なものをしまった戸棚と説明する清水学芸員
親子鑑賞会で「赤漆文欟木御厨子」を聖武天皇が大事なものをしまった戸棚と説明する清水学芸員画像一覧

例えば、今年セットで近くに展示されている宝物「赤漆文欟木御厨子(せきしつぶんかんぼくのおんずし)」「紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)」「緑牙撥鏤尺(りょくげばちるのしゃく)」。文字だけで見ると何のことが分からないが、当日の解説に耳を傾けると・・・。

まず「赤〜」は、「聖武天皇の曾おじいさんである天武天皇の子孫に6代続いて伝わった戸棚。聖武天皇は自分の大事なものを入れていました」と説明。

「何を入れていたかと言うと、カラフルな物差し(紅〜尺、緑〜尺)です。学校で使う(30センチ)物差しと基本的に同じもの」と、子どもでもイメージしやすく、大人も分かりやすい。

さらに、「1寸(3センチ)ごとに花の文様や鳥、鹿などの絵が表されています。角が花みたいになっている鹿は花鹿と呼ばれ、おめでたい鹿。今回、花鹿が物差し以外にも展示されていますので、会場で探してみて下さい」と、子どもらの興味をふくらませる。

学芸員解説のあとの親子自由鑑賞で熱心に宝物を見入る小学4年生の岡田未来さん
学芸員解説のあとの親子自由鑑賞で熱心に宝物を見入る小学4年生の岡田未来さん(10月27日・奈良国立博物館)画像一覧

展示会場で実際に見つけた子どもからは、「あ、花鹿いた!」との声も。生駒市から参加した岡田未来さん(小学4年生)は、「(清水先生の話は)とても面白かった。(鳥毛立女屏風の)天平美人は今の美人と違うなと思ったし、落書きをする(続修正倉院古文書別集にある大大論戯画)のは、今の子も同じだなと思ったので見てみたい」と、熱心に宝物を鑑賞していた。

1 2

『御即位記念 第71回 正倉院展』

日程:2019年10月26日(土)〜11月14日(木)
会場:奈良国立博物館(奈良市登大路町50)
料金:一般1100円、高・大学生700円、小・中学生400円
電話:050-5542-8600
URL:https://www.narahaku.go.jp/

「正倉院展キッズサイト」
URL:https://shoso-in.jp/kids/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ