なぜ紅茶の聖地に?ムジカの三代目が語る
2019.10.22 7:00

なぜ紅茶の聖地に?ムジカの三代目が語る

2013年に大阪・堂島(大阪市北区)から兵庫県芦屋市に移転し、今年7月には6年ぶりに喫茶部門を再開して大きなニュースとなった「MUSICA TEA(以下MUSICA・ムジカ)」。三代目代表・堀江勇真さんが語る、今まで目指してきたこと、そして新しく挑戦したいことは何か? そして同店を知る同業者の言葉から、MUSICAがなぜ「聖地」となり得たのか、その理由を検証したい。

取材・文・写真/吉永美和子

「堂島に魅力を感じなくなった」(堀江さん)

どんなジャンルでも「聖地」と呼ばれる場所がある。音楽だったら「武道館」、阪神ファンなら「甲子園球場」・・・。そして関西の紅茶好きの場合「聖地はどこですか」と問われたら、そのほとんどが「MUSICA」と答えるだろう。

1952年に大阪・堂島で創業してから、喫茶とオリジナル茶葉の販売の両軸で、紅茶の伝道に力を入れ続けた同店。北海道から沖縄まで、多くの店が同店の茶葉を使用するだけでなく、ここで紅茶を学んだり、影響を受けたという紅茶専門店のオーナーも少なくない。

ゆっくりくつろげるようにと作られた「saloon」の店内
ゆっくりくつろげるようにと作られた「saloon」の店内画像一覧

7月にオープンした「Tea saloon MUSICA(以下saloon)」はこの日、都市部から離れた夕方という時間帯にも関わらずほぼ満席だった。その大半がポットティーを頼み、友だち同士で楽しげに会話を交わしている。

「最低でも30分は店にいて、自分の時間を楽しむ人が多い。もともと(客を)回転させることを考えてないし、ゆっくりしていただくのがコンセプトのお店ですから」と堀江さん。

「MUSICA」は堀江さんの祖父が、音楽喫茶として1952年に創業。当時まだ珍しかった紅茶をメインにしたのは「店が入った建物のオーナーがインド人だったので、紅茶の葉や、スパイスティー(チャイ)用のスパイスが手に入れやすかったのではないか」と、堀江さんは推測する。

1952年にオープンした初代ムジカ。写真は1980〜90年当時の様子 提供:MUSICA TEA
1952年にオープンした初代ムジカ。写真は1980〜90年当時の様子 提供:MUSICA TEA画像一覧

そして、1969年に堀江さんの父が店を受け継ぐと、喫茶だけでなく自社ブランドの茶葉の販売を始めるなど、さらに紅茶に力を入れていく。そこで「MUSICA」がユニークだったのは、お店のあった「堂島」という街をブランドとして打ち出したことだった。

「堂島は昔からお米(の取引)で知られる場所だったので、父が『米で有名な堂島が、今紅茶で有名になりました』というキャッチフレーズを考えたんです。それで『堂島=紅茶=ムジカ』と結びつけやすくなったのかなと思います」と堀江さん。

堂島時代に雑誌で紹介された先代の堀江敏樹さん 『お茶の店』(京阪神エルマガジン社刊)より
堂島時代に雑誌で紹介された先代の堀江敏樹さん 『お茶の店』(京阪神エルマガジン社刊)より画像一覧

この地名と絡めたブランド化が、「MUSICAというおいしい紅茶の店が堂島にあるらしい」と、口コミで広がる大きな効果のひとつになったのは間違いない。その後、「MUSICA」は紅茶好きなら必ず知るほどの人気店となり、茶葉の注文も全国から舞い込むようになる。

そのひとつ大阪・天五中崎通り商店街にある「Tea House 茶摩」(大阪市北区)のオーナー・荒川芳美さんは、「30年前、紅茶ってどこで飲んでもおいしくなかったのに、MUSICAだけはおいしかった」と振りかえる。自分の店をオープンする前には、先代の社長に紅茶のレッスンを受け、現在も出している紅茶はほぼ「MUSICA」の茶葉だという。

「茶摩」のように「MUSICA」で紅茶を知り、紅茶を学び、お店を出した暁には「MUSICA」の茶葉を売りにする。そういう専門店が増えたことでさらに知名度を上げていき、店舗を近隣の大きなビル内に移転するなど順風満帆だったが、2013年に突然閉店。

ビルに移転した当時の店内。多くの紅茶ファンが足を運んだ 提供:MUSICA TEA
ビルに移転した当時の店内。多くの紅茶ファンが足を運んだ 提供:MUSICA TEA画像一覧

経営面だけではなく「堂島に魅力を感じなくなった」のが大きな理由だった、と堀江さんは説明する。「以前堂島には映画館や劇場があって、その行き帰りのお客さんがお茶を飲んで過ごすという、文化的な雰囲気があったんです。近くには北新地もあるので、大人の社交場という感じにもなってました。でも(街の)年齢層が低くなって、そういうムードがなくなっていって。時間をかけてポットティーを楽しむ人も減って、パッと飲んでパッと帰る人ばかりになったし、ここはもう難しいかなと思いました」。

そうして堀江さんが三代目となったのを期に、「MUSICA」は堂島から芦屋に移転することになる。

1 2 3

「Tea Saloon Musica」

住所:兵庫県芦屋市宮塚町12-24 旧宮塚住宅1F
営業:11:00〜19:00(LO)※日曜休
電話:0797-38-8677
URL:https://www.facebook.com/Musica-TEA-461026023948538/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ