近畿初の車両、和歌山&桜井線でデビュー
2018.3.7 19:00

JR西日本(代表取締役社長:来島達夫)は7日、和歌山線・桜井線(一部、紀勢線含む)で運行している105系・117系車両を、近畿エリア初となる227系車両に順次置き換えることを発表した。

JR西日本の近畿エリアで「車載IC改札機」を初搭載した227系車両画像一覧

新車両227系は、最新の車両で導入している車両異常挙動検知装置や戸挟み検知装置、EB−N(運転士異常時列車停止装置)などを装備。また、JR西日本の近畿エリアでは初めて「車載IC改札機」を搭載。より利便性を高め、これにより奈良県下全域ならびに和歌山線全線でICカード乗車券「ICOCA」が利用できるようになる。

同車両は、2019年春から順次投入され、2020年春には全車両の置き換えが完了する予定。具体的な開始日については、後日発表される。

JR西日本

URL:https://www.westjr.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ