『Meets』編集部の余談。

日日酒好日!六献目。

2020.7.1 18:53

カテゴリ:ライフスタイル

1日の疲れを癒す至福の一杯を。編集部きっての飲み助が、目にも楽しいお酒とおつまみセットをコーデする、リアル晩酌日記


特集のプロローグとしてはじまった、このブログ。ついに本編「家飲みミーツ」特集が、本日7月1日発売!

街がさらに楽しくなる話題の名物アテレシピのほか、自宅でできるレモン酎ハイアレンジやお取り寄せ酒セットなど、あらゆる家飲みのお供をギュッと詰めこみました!


今日は京都の[井倉木材]で食べた、谷中ショウガ(葉ショウガの代表的な品種)の豚肉巻きが無性に食べたくなり、スーパーに並ぶ葉ショウガを即買い。

ちなみに葉ショウガとは、新ショウガが小指大ぐらいに育ったものを葉付きで収穫したもので、一般的なショウガよりも辛味が穏やかなので、生食もOK。まさに今が旬真っ盛りです。

もうひと品は鶏皮を薬味と合わせた、あっさり系「鶏皮ポン酢」で。しめて予算500円とこれは安上がり!とは言え見た目は大事! どんな激安アテもたちまち見違える、お助けワードが、こちら。

家飲みがアップグレードするコツ その6/色の効果(2)

「黒い器=高見え!」

色には、物が実際よりも膨らんで大きく見える膨張色と、縮んで小さく見える収縮色があり、黒色はまさに後者。

黒いお皿はフレームのような“額縁効果”を発揮して、盛り付けた料理をより鮮明に見せてくれます。

料亭の漆器や高級車、フォーマルな装いなどにも見られるように、重厚感や高級感をイメージさせる効果も期待できる、重宝なカラーです。

本日の酒卓

(右上から)[宝酒造]の寶『極上レモンサワー』黄金マイヤーレモネード、鶏皮ポン酢、葉ショウガの豚肉巻き。器は明るさを変えた黒色に、箸置きやクロスも落ち着いたもので、シックな印象にしてみました。

黒色と素地のコントラストが美しい島根の民陶・出西窯のボウルは、あらゆる料理を格好良く見せてくれて、お気に入りです。鶏皮は少なめに盛ることで、黒の余白が輪郭を際立たせてくれて、材料費70円には見えないでしょう?

数量限定発売の[宝酒造]の寶『極上レモンサワー』黄金マイヤーレモネード。オレンジとレモンの掛け合わせで生まれたマイヤーレモン使用でまろやかな甘み。ベースのブレンド焼酎に飲み応えがあり、後口はすっきりとしているので、濃い味の豚肉にもよく合います。

◎そんな[井倉木材]のレモンチューハイアレンジ術も掲載の新刊はこちら
https://www.lmagazine.jp/meets/

◎過去の記事はこちら
日日酒好日!五献目。
日日酒好日!四献目。
日日酒好日!三献目。
日日酒好日!二献目。
日日酒好日!一献目。

お気に入り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE

MeetsRegional編集室 1989年創刊以来(今年で31年目突入!)、関西の街をフォーカスし続けるリージョナル・マガジン。編集部員をはじめ、誌面に携わるさまざまなスタッフが自分の足で探してきた店や人、モノやコトを、私感たっぷりにご紹介。街や酒場の“ゴキゲン”を言い訳に、どうにも飲める(飲み過ぎる)スタッフ多め。現在、「WE♥酒場」をキャッチフレーズに、酒場にまつわるエトセトラを12カ月連続で特集中。毎月1日発売。

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

MeetsRegional編集室 1989年創刊以来(今年で31年目突入!)、関西の街をフォーカスし続けるリージョナル・マガジン。編集部員をはじめ、誌面に携わるさまざまなスタッフが自分の足で探してきた店や人、モノやコトを、私感たっぷりにご紹介。街や酒場の“ゴキゲン”を言い訳に、どうにも飲める(飲み過ぎる)スタッフ多め。現在、「WE♥酒場」をキャッチフレーズに、酒場にまつわるエトセトラを12カ月連続で特集中。毎月1日発売。

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本