『Meets』編集部の余談。

日日酒好日!九献目。

2020.8.14 15:56

カテゴリ:ライフスタイル

1日の疲れを癒す至福の一杯を。編集部きっての飲み助が、目にも楽しいお酒とおつまみセットをコーデする、リアル晩酌日記


家飲みがアップグレードするコツ その9/夏のおつまみ

ジリジリと照りつける太陽…。ちょっと外を歩くだけでも、クラクラする暑さですね。そんな時は、元気をくれる街の人気店の激旨な夏レシピで、英気を養うのはいかがですか?

発売中の「家飲みミーツ」特集では、街の人気店の名物料理のレシピをたっぷりと紹介中。Meets誌面を彩ってきた、花形メニューを取り入れて、自宅の食卓をお店仕様にアップグレードしちゃいましょ。

今回は、誌面を使って大阪・新町[うれしい居酒屋 酒歌(サカソング)]の名作、“タイ風春雨サラダ”を作ってみることに。

今週の酒卓

SUNTORY『金麦』、花山椒きんぴら、タイ風春雨サラダ、手羽中の照り焼。琉球ガラスの中皿、やちむんの豆皿、沖縄の伝統的な織物のミンサー織コースターで、エスニックに合わせ、南国の空気を。

作り方は、至って簡単。茹でた春雨にタマネギやキュウリなどの野菜や豚ミンチ、特製ドレッシングを混ぜるだけ!(→詳しい材料・作り方は本誌にて。)

野菜たっぷりで口当たりがいいので、チュルッと食がすすみ、春雨に絡む甘辛豚ミンチがお酒を誘います。サラダだけど食べ応えがあるので、これは十分主役になる!

特製ドレッシングはナンプラーだけでなく、醤油やショウガといった和の要素もあって、親しみやすい味わいなので、エスニックが苦手な人にもお薦め。

多めに作っておけば、餃子のタレ、カルパッチョに冷奴…と、あれこれ他にも使える万能ダレ! おなじみの家の味も、かければググッとアレンジ幅が広がりそうなので、家飲みのお供にぜひ加えてみてください!


◎レシピを紹介してくれたお店は
うれしい居酒屋 酒歌(サカソング)
[大阪・新町]
大阪市西区新町2-19-20 日宝西長堀ビル1F 
TEL 06-6534-5552
18:00〜翌2:00 日曜休
instagram @sakasongtaro

タイ風春雨サラダ550円(税抜)は子供達にも大人気。定番の出し巻きも、インドやタイ風を用意する、アレンジ力がお見事な居酒屋。

◎ホントは教えたくない!? 名作レシピ満載な最新号はこちら
https://www.lmagazine.jp/meets/

◎電子書籍はこちら
↓Kindle

※楽天kobo/Rederstore/ブックパス/Kinoppy/googleブックス/角川BOOK WALKER/honto/Apple Booksなど順次発売されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE

MeetsRegional編集室 1989年創刊以来(今年で31年目突入!)、関西の街をフォーカスし続けるリージョナル・マガジン。編集部員をはじめ、誌面に携わるさまざまなスタッフが自分の足で探してきた店や人、モノやコトを、私感たっぷりにご紹介。街や酒場の“ゴキゲン”を言い訳に、どうにも飲める(飲み過ぎる)スタッフ多め。現在、「WE♥酒場」をキャッチフレーズに、酒場にまつわるエトセトラを12カ月連続で特集中。毎月1日発売。

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

MeetsRegional編集室 1989年創刊以来(今年で31年目突入!)、関西の街をフォーカスし続けるリージョナル・マガジン。編集部員をはじめ、誌面に携わるさまざまなスタッフが自分の足で探してきた店や人、モノやコトを、私感たっぷりにご紹介。街や酒場の“ゴキゲン”を言い訳に、どうにも飲める(飲み過ぎる)スタッフ多め。現在、「WE♥酒場」をキャッチフレーズに、酒場にまつわるエトセトラを12カ月連続で特集中。毎月1日発売。

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本