ジャルジャル、やっと掴んだ優勝「しつこく挑戦して良かった」

2020.9.27 07:15

『キングオブコント2020』で優勝したジャルジャル(左から後藤淳平、福徳秀介)

(写真1枚)

コント日本一決定戦『キングオブコント 2020』の決勝が26日に放送され、芸歴最年長コンビだったジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)が悲願の優勝。13代目王者に輝き、賞金1000万円を獲得した。

第1回から全大会挑戦し、今回が13回目の参加、4度目の決勝進出でついに優勝を果たしたジャルジャル。福徳は「同じくらいの芸歴の芸人さんがどんどん辞退していって、若手が輝くべき大会に僕らが出ていいのかなって悩んだけど、どうしてもチャンピオンになりたかったので。諦めずにしつこく挑戦して良かった」と感慨深げにコメント。

後藤はこれまでを振りかえり、「12回悔しい思いをした。気が狂いそうになるくらい凹むこともあったんですけど、優勝してすべて吹き飛びました。これが優勝か、チャンピオンなんだ、と実感してます」と喜んだ。

1stステージで披露した「野次ワクチン」

今回勝負に出たネタについて、1本目の「野次ワクチン」は2019年の年末におこなった単独ライブでの反応が良かったものだったとか。福徳は「大衆受けというか、マニアックすぎず良い感じのウケ具合だなと思った」、後藤は「自分たちでも思わず笑ってしまうネタ」と選んだ理由を説明。

2本目の「空き巣タンバリン」は新ネタをアップし続けている自身のYouTubeチャンネルでの反応が良かったものだったそうで、後藤は「どちらもファンのみなさんの反応で決めたので、一緒に戦った気分です」と笑顔を見せた。

次の目標について、福徳は「めちゃくちゃあるんですけど、いっぱい全国ツアーをして、たくさんネタを作って、とにかくコントをやり続けたい」と、一生コント師を宣言。後藤は福徳と顔を見合わせ、「いずれは宇宙空間でコントをしたい」と壮大な夢を語った。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本