京都「新風館」、新型コロナで開業を延期に

2020.4.9 17:00

4月16日オープンが予定されていた複合施設「新風館」(京都市中京区)のイメージ

(写真3枚)

4月16日にオープンを予定していた京都の複合施設「新風館」(京都市中京区)が、7日に発令された緊急事態宣言に伴い、全館開業を5月21日に延期すると発表した。

同施設は「NTT都市開発」(代表:中川 裕)が開発を進め、アメリカの「エースホテル」をアジアで初めて誘致。建築家の隈研吾氏が建築デザイン監修を担当し、地域活性化の拠点を目指していた。

同社は、「来場されるお客さまやご出店者さま、パートナー企業をはじめとする関係各社の従業員の皆さまの安全を最優先に考慮」とコメント。合わせて、4月14日に予定されていたメディア内覧会の中止も発表した。また、「今後の新型コロナウイルスの感染拡大の状況により、更なる開業延期が必要と判断した場合は、改めましてお知らせいたします」とも。

京都市営地下鉄・烏丸御池駅と直結する同施設は、1920年代に建てられた旧・京都中央電話局の一部をリノベーション。アジア初の「エースホテル」が誕生するほか、関西エリア初となる映画館「アップリンク京都」などがオープンする予定だった。

「新風館」

2020年5月21日(木)オープン予定
住所:京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本