「こども本の森」に期待、安藤忠雄「生涯サポートしたい」

2020.3.5 07:00

公開された図書館の館内。大きな階段の両側に本が並べられている(2月29日・子ども本の森 中之島)

(写真4枚)

建築家の安藤忠雄氏からの申し入れによって造られた「こども本の森中之島」(大阪市北区)が完成。2月29日におこなわれた内覧会で安藤氏は、「この図書館を育てるため、生涯サポートしていきたい」と思いを語った。

乳幼児から中学生を中心とした子どもたちが、本の魅力や文化・芸術に出合うというコンセプトで作られた同図書館。蔵書数は大阪市内の人から寄贈があった本が4735冊、新規に購入したもの1万3086冊、と合わせて17821冊となった。

ブックディレクターの幅さんによると、「一番気を付けたのは1冊でもいいから子どもたちに刺さるような本を」と選書。

「量ではネットのライブラリーにかなわない。重要視したのは、1冊1冊がキラキラ輝いて見え、その本のアイデアや感情、文章の1節、言葉・・・、何かが残るよう」と説明する。

また、木のぬくもりと開放感のある施設内は、「知らない本を偶然、手に取る機会をちりばめた」 と言うように、本の一節を抜き出した「言葉の彫刻」や映像によって本の紹介をするなど工夫がみられる。

館内に貸出カウンターはなく、本を外に持ち出して屋外で本を読んだり、椅子や階段など、さまざまな場所で本を楽しめる空間。本を通じて「スタッフ」と「子ども」の関係を築きやすいというのも特徴的だ。

安藤氏は、「大阪の文化の中心に子どもたちがやって来て、次の世代の大阪のリーダーを生み出す拠点になってほしい。スマホ半分にして、本や新聞を読むように伝えている。それに気づく子どもたちがいることを期待している」と語った。

なお、同館は3月1日に開館予定だったが、新型コロナウィルスの感染拡大を防止するために延長。現在のところオープン時期は未定。

取材・文・写真/岡田由佳子

「こども本の森 中之島」

住所:大阪市北区中之島1-1-28
時間:9:30〜17:00・月曜休(祝日の場合、翌平日休)※蔵書整理期間や年末年始休

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本