大阪「こども本の森」3月1日開館が延期に

2020.2.29 19:40

左から松井一郎大阪市長、建築家・安藤忠雄氏、ブックディレクター幅允孝氏、同館館長の前川千陽さん

(写真5枚)

3月1日に開館予定だった「こども本の森 中之島」(大阪市北区)が、新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため当面は開館を延期。建築家の安藤忠雄氏や、松井一郎大阪市長が2月29日に同会場でコメントを発表した。

安藤氏の提案・設計によって、子どもに本の楽しみを提案するために企画された同施設。市民から寄付された本とブックディレクター幅允孝氏が選書した、約1万7000冊を所蔵し、天井まで本が並べられているのが特徴。開館時は混雑を避けるため予約制となっており、連日予約が埋まるほど注目を集めていた。

安藤氏は、「人生、思うようにはいかない。永久に閉館するわけではないし、子どもたちが図書館に来る日を楽しみにしている。どんどん期待を膨らませてもらいたい」と心境を語った。

松井市長は、「本当に残念だけれども、ここでコロナの感染拡大となったら、せっかくのオープンに水を差すことになる。状況に終息が見られることになれば、大勢の子どもたちと一緒にオープンさせていきたい」と話し、開館日については現在未定となっている。

取材・文・写真/岡田由佳子

「こども本の森 中之島」

住所:大阪市北区中之島1-1-28
時間:9:30〜17:00・月曜休館(祝日の場合は翌平日休館)※蔵書整理期間や年末年始休館)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本