矢崎広に生駒里奈「負けないぞ!」難しい再演舞台への挑戦

2020.2.10 11:00

前回2017年の上演から3年ぶりに同じ役に挑む矢崎広(左)と生駒里奈

(写真10枚)

「勝手にテンションが上がります」(矢崎)

──先ほど生駒さんから「つながり」というキーワードが出ましたが、ユーリはお母さんとの関係性も描かれてますよね。

生駒「自分が中学生のときを思い出すと、ユーリのことがすっごい分かっちゃって。大人の考えも分かっちゃうけど、子どもだから分からないこともある。『お父さんの話をするとお母さんは不機嫌になるけど、それ以外は超仲良しなんだろうな』とか、そういうことを考えてながらやっています。でも、そう考えても全然、通用しない日もあります」

「考えても全然、通用しない日もあります」と生駒
「考えても全然、通用しない日もあります」と生駒

──そうなんですね。なぜ通用しないんでしょう。

生駒「お母さん役の大竹えりさんとのその日のフィーリングもあるし、私の考え方もあるし・・・」

矢崎「お客さまの反応によっても全然違いますよね。僕も『オープニングチェイス』でスタートが決まっちゃうところがあって。このシーンでは宇宙飛行士役の出演者がばーっと集まって踊るんですけど、それでみんなの感じが分かるというか。俺もそれに乗って『今日はこんな感じで行くからよろしく!』って」

「その日嫌なことがあっても忘れられるくらい、勝手にテンションが上がります」と矢崎
「その日嫌なことがあっても忘れられるくらい、勝手にテンションが上がります」と矢崎

──オープニングチェイスは圧巻ですよね。ダンスもあるし、輪になって声をそろえて、ケチャのような恍惚感もあります。

矢崎「オープニングチェイスは宇宙にロケットを飛ばすというシーンで、『モマの火星探検記』の見せ場でもあります。それを楽しみに来てくれるお客さんもいるぐらいで。僕も、その日嫌なことがあっても忘れられるくらい、勝手にテンションが上がります」

生駒「あのオープニングチェイスの後に、私たち子どもチームの芝居が始まるんですけど、毎回、「ふ~」って呼吸を整えます。気持ちを作らないとあの熱い空気に負けちゃうんです」

矢崎「ロケットがドカーンと飛んで、暗転を挟んで子どもチームの静かなシーンが始まりますもんね」

『モマの火星探検記』

日程:2020年2月7日(金)〜11日(祝・火)
会場:サンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F)
料金:8800円(全席指定)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本