恒例の評論家鼎談、邦画・勝手にベスト3

2019.2.16 18:00

映画『カメラを止めるな!』© ENBUゼミナール

(写真9枚)

「面白いのは分かってるという謎理論(笑)」(田辺)

──では、そろそろ決めましょうか。2018年下半期のベスト3。

斉藤「1位は『きみの鳥はうたえる』ちゃうの?」

田辺「あれは3人とも、完全に一致しましたもんね」

春岡「俺は、『愛しのアイリーン』と『ハード・コア』が入ってればいいよ。あとは『寝ても覚めても』をどうすんだって話だよなぁ」

斉藤「松居大悟監督の『君が君で君だ』とか話してないけど、どうするの?」

田辺「いやぁ、期間が短すぎて(苦笑)」

斉藤「君は観とかなあかんやろ(笑)。もう、すさまじいよ。ここまで全てが狂った純愛映画はないんじゃないかと」

──田辺さんは、上半期の鼎談で、松居監督の『アイスと雨音』を大絶賛し、前半のMVPだと言ってましたが?

田辺「いや、もう、ま、今年一番抜け落ちてしまった作品です(苦笑)」

春岡「あと、白石和彌監督の『止められるか、俺たちを』や塚本晋也監督の『斬、』、関根光才監督の『生きてるだけで、愛』も面白かったし」

斉藤「主演の趣里ちゃん、よかったよなぁ。あと、菅田将暉の徹底した『受けの演技』がすごいのよ。受けであれだけ完璧にできるんやし、やっぱホンマもんやと」

春岡「そうそう。それを改めて感じることができた映画でもあった。このベスト3に入らないまでも、とりあえず面白かった映画として挙げとかなきゃいけない」

斉藤「なんやかんや、強烈な映画ではあった」

春岡「『きみの鳥はうたえる』の石橋静河はもちろん、『生きてるだけで、愛』の趣里も主演女優賞候補だよ」

斉藤「そこに加えるなら、『響 −HIBIKI−』の平手友梨奈。やっぱスゲえわと。映画も抜群に面白かった。これは究極のキャスティングやったね」

春岡「そういえば、白石和彌監督は上半期で『孤狼の血』を入れてるだろ?」

──いや、入れてないですね。

斉藤「そやねん。あんだけ喋って入れてないという(笑)。そういう意味では、吉田恵輔監督も今まで入れてない」

田辺「白石監督も吉田監督も、もう面白いのは分かってるという謎理論でベスト3に入れてなかったですね(笑)」

────では、1位は三宅唱監督の『きみの鳥はうたえる』、2位は吉田恵輔監督の『愛しのアイリーン』、3位は白石和彌監督の『止められるか、俺たちを』ということで。

一同「いいランキングじゃない」

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本