恒例の評論家鼎談、邦画・勝手にベスト3

2019.2.16 18:00

映画『カメラを止めるな!』© ENBUゼミナール

(写真9枚)

「俺もう、藤原季節ファンになっちゃったもん」(春岡)

──下半期でいえば、白石監督の師匠・若松孝二さんが起ち上げた「若松プロ」を舞台にした青春映画『止められるか、俺たちを』ですね。

田辺「あの映画は、若松さんじゃなくて、助監督・吉積めぐみさんの視点で語られたときの涙腺の緩み方がやばかったですね。吉積さんが主人公だからこそ、今の世代の人が観ても共感できるし」

斉藤「うんうん。あれが正解やったね。ただの文化史モノじゃなくなった。今の若い映画ファンで、昔の映画が好きな人でも、日活ロマンポルノ以上に若松プロはあんまり観る機会がないやんか。そういう意味でも、すごい勉強になった・・・と、僕の親しい女の子は言ってたね。それに、(吉積さんが)高間賢治と付き合ってたという要らん知識も得られるし(笑)」(高間賢治:撮影監督という概念を日本映画界に持ち込んだ先駆者)

春岡「プレスシートに高間賢治本人もコメントを寄せてて、『ちょっと違うところもあるけど、よく描いてくれてたと思います』とかいって。高間さんえらいなって。半分スキャンダルみたいな扱われ方してても、ちゃんとコメント寄せるんだって(笑)」

斉藤「荒井晴彦さんは怒ってるみたいやけど(笑)」

春岡「荒井さんは、あの映画まんまの感じだからなあ(笑)」

田辺「この前、白石監督をインタビューしたんですけど、吉積さんが初めて撮った30分映画の初号試写のシーンがあるんですね。あの試写室で吉積さんの右斜め前に、井浦新さん演じる若松孝二が座ってるんですよ。吉積さんはスクリーンを全然観れずに、若松さんの方をチラチラ見てて。実はあれ、白石監督が自分が初めて撮った映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』の試写室そのまんまだと(笑)」

斉藤「おもしろいね、それ(笑)。まあ『止められるか、俺たちを』は一種の個人映画やからね」

春岡「もう若松監督なんて、ほとんどデフォルメの世界だから。白石監督の頭のなかにある若松孝二を、井浦新にやってもらった感じだよね」

映画『止められるか、俺たちを』© 2018 若松プロダクション

斉藤「それでも十分、若松監督に見えるもん(笑)。いい加減なところまで完璧に」

春岡「でもやっぱり、一番そう見えるのは荒井晴彦だよ(笑)。俺もう、(新井を演じた)藤原季節ファンになっちゃったもん。あの子いいわぁ」

斉藤「あれで株あげたもんね(笑)」

春岡「この前『相棒』観てたらさ、犯人と間違えられる政治家のボンボンを藤原季節が演じててさ。『相棒』出てんじゃん!って」

──結構出てるんですよね。マーティン・スコセッシ監督の『沈黙−サイレンス−』(2017年)や吉田大八監督の『美しい星』(2017年)、廣木隆一監督の『ママレード・ボーイ』(2018年)など。

春岡「そうなんだ。じゃあ絶対目にしてるな。『ケンとカズ』(2016年)で初めて意識して、今年の『ハード・コア』にもちょっこっと出てたのは覚えてる」

斉藤「バジェットの低い映画から、テレビ局がどんどん役者をひっこ抜いていくよね。『聖なるもの』からも、深夜ドラマの『ブラックスキャンダル』には小川紗良と松本まりかの両ヒロインが出てたし(小川紗良は朝ドラ『まんぷく』に3月から出演)。いい仕事してる」

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本