映画評論家が自由にトーク、鼎談まとめ

上半期・下半期ごとに、映画評論家の春岡勇二、ミルクマン斉藤、田辺ユウキの3人が、「ホントにおもしろかった映画はどれ?」をテーマに好き勝手に放言。日本映画・外国映画でそれぞれ、過去の気になる映画・俳優・監督についてご確認を!

  • 2020年・上半期「日本映画」

    映画館が休業となり作品数も少なかったが、観るべき作品は多数。ベストに収まりきらないほどという3人が選んだのは『許された子どもたち』『37セカンズ』『ワンダーウォール 劇場版』のほかにも…

  • 2020年・上半期「外国映画」

    『ジョジョ・ラビット』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』などのトークで盛り上がった3人。また、『パラサイト』のポン・ジュノ監督は、デビュー作からすでに天才と評しており…

  • 2019年・下半期「日本映画」

    今回選ばれた3作品は、『ひとよ』『蜜蜂と遠雷』『見えない目撃者』。「助演って感じではないよね」と言わせる吉岡里帆の芝居は…

  • 2019年・下半期「外国映画」

    観るべき3作品は、『ジョーカー』『永遠の門 ゴッホの見た未来』『ブラインドスポッティング』。アカデミー賞を受賞したホアキン・フェニックスが…

  • 2019年・上半期「日本映画」

    恋愛映画が豊作だった今期。そんななか3人が選んだ作品は『愛がなんだ』『洗骨』『ウィーアーリトルゾンビーズ』。やっぱり成田凌が上手いと言わせる理由とは…

  • 2019年・上半期「外国映画」

    観るべき3作品は、『スパイダーマン:スパイダーバース』『グリーンブック』『サスペリア』。ピーター・ファレリー監督が本気出したらこんなことになるのだと…

  • 2018年・下半期「日本映画」

    観るべき3作品は、『きみの鳥はうたえる』『愛しのアイリーン』『止められるか、俺たちを』。また、『カメラを止めるな』など豊作だった今期だが、なかでも注目された監督は…

  • 2018年・下半期「外国映画」

    今回3人が選んだ作品は、『ヘレディタリー/継承』『メアリーの総て』『顔たち、ところどころ』。また、このためにNetflixに加入しても良いと話す作品とは…

  • 2017年・下半期「日本映画」

    観るべき3作品は、『火花』『あゝ、荒野 』『ナラタージュ』など。「久しぶりに出てきた怪物だ」と3人が話す松岡茉優とは…

  • 2017年・下半期「外国映画」

    観るべき3作品は『パーティで女の子に話しかけるには』『ベイビー・ドライバー』『ダンケルク』など。ジョン・キャメロン・ミッチェルが描く青春映画のあるシーンでは…

  • LINE
  • お気に入り

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本