2021年上半期、注目の邦画は?評論家による映画鼎談

2021.9.4 18:15

左から、春岡勇二、ミルクマン斉藤、田辺ユウキ

(写真13枚)

昨年から続くコロナ禍で公開が延期された作品が多数あった2021年上半期。泣く泣く劇場での鑑賞を諦めた作品がある人も多いのではないだろうか。

そんな困難に見舞われながらも、今期の邦画は良作揃い。「Lmaga.jp」の映画ブレーンである評論家 ── 春岡勇二、ミルクマン斉藤、田辺ユウキの3人がトークし、例年ベスト3を決める同鼎談だが、豊作の今期は「3つじゃ足りない!」とのことで、それぞれのマイベスト3をピックアップする。

文/田辺ユウキ

「つまりは究極の恋愛映画」(斉藤)

田辺:日本映画は上半期、俳優の顔ぶれとして新しい幕が開いた感がすごくありました。

斉藤:特に恋愛映画ね。まずは今年1番の大傑作『猿楽町で会いましょう』。金子大地の終始受けの芝居がめちゃくちゃ上手い! 相手の石川瑠華をちゃんと立てていく。行定勲監督の『ナラタージュ』(2017年)でも、恋人が死んじゃう男性役が抜群だった。今回は、まだ何も成し遂げていないフリーのカメラマンの役でね。

※編集部注/『猿楽町で会いましょう』・・・芸能界を目指し男性を頼って生きるユカと、駆け出しのカメラマン・修司の複雑な恋模様を描く恋愛映画

田辺:劇中の金子は、石川が何かやらかしたとき、怒りはあるけどやっぱり結局許しちゃう。むしろ「どうして彼女のことを僕は許せないんだろ」と自責の念まで抱えるという。

斉藤:そうそう、この映画のテーマがそこなんだよ。つまりは究極の恋愛映画なんですよ。

春岡:つらいよなあ、物分かりの良い男ってのは。

田中ユカを演じる石川瑠華と小山田修司を演じる金子大地(C)2019 オフィスクレッシェンド

田辺:金子は「ちょっと気になるコとデキちゃった、うれしい」となるんだけど、石川には同棲している男がいて。で、「怪しいぞ」と金子が張ってたら、別の男と同棲している家から石川がゴミを捨てに出てきて、突入する。あの石川の、びっくりする間もない「ほっといてよ!」の返事がまた絶妙。「こういう生き方をしなければならない女性」という立場の臨場感がありました。

斉藤:石川瑠華は『くまもと復興映画祭』のときにじっくりお話をする機会があって。とても理知的な役者なんですよ。あと、彼女のライバル的な役割を担う小西桜子。

春岡:小西桜子は怖い役者だよなぁ。もちろん良い意味で。

斉藤:小西の役は要するに、石川演じる主人公にとって「こういう人間になりたい」という形を先に実現していく女性。ともに、やたらと金をむしりとる俳優学校の生徒なんだけど。

田辺:金子に仕事を渡す雑誌編集者に前野健太をチョイスしたのも見事。下心がにおいたつ、下っ腹がベルトの上にちょっと乗るような中年男の厭らしさがありました、さすがですね。

『すばらしき世界』

『すばらしき世界』 監督:西川美和
Blu-ray & DVD 2021年10月6日発売 ※レンタルDVD同時リリース
発売・販売元:バンダイナムコアーツ
(c) 佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本