大阪府で中止の聖火リレー、万博記念公園での実施を検討へ

2021.4.7 19:00

「万博記念公園」のシンボル「太陽の塔」

(写真2枚)

大阪府で新型コロナウイルス感染が急拡大していることから、4月13日・14日に予定していた聖火リレーの全ルートを、公道から「万博記念公園」内で実施する方針で調整。4月7日の知事定例会見で明らかになった。

これは、大阪府の『対策本部会議』後に吉村洋文知事が記者団に対して明らかにしたもの。同日の本部会議では、府の医療体制がひっ迫していることから「医療非常事態宣言」を発令させ、「市外」としていた不要不急の外出・移動の自粛を「府外」に広げることが決定した。

これまで、「市内」の聖火リレーを「市外」で実施できないか検討していた吉村知事。「不要不急の外出・移動の自粛をお願いしているため、府としては公道での聖火リレーを中止する判断をした」と苦しい表情を見せた。

一方で、「代替として『万博記念公園を完全に閉鎖し、絶対に密にならないようにして聖火リレーができないか』と橋本聖子会長(東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会)に本日相談し、『わかりました』と言っていただいた。その方向で調整、検討している」と、あらためて実施の方向でいることを話した。

また、大阪市内の中之島で予定していた『東京2020オリンピック聖火リレー&セレブレーション』については、「無観客で万博記念公園でおこなえないかも検討している。最後は組織委員会が決めることだが、できるだけ早く決定し、正式に決まれば組織委員会から発表がある」と話した。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本