エヴァ劇場版を観る前に? 大阪で「ふしぎの海のナディア」展

2021.2.13 18:15

アニメ『ふしぎの海のナディア』の放送開始30年を記念した展覧会が、2月17日から百貨店「大丸梅田店」で開催

(写真3枚)

『エヴァンゲリオン』シリーズで知られる庵野秀明が監督を務めた、NHKアニメ『ふしぎの海のナディア』。その放送30年を記念した展覧会が、2月17日から百貨店「大丸梅田店」(大阪市北区)で開催される。

1990〜1991年にかけてNHKで放送された同作。庵野が『エヴァ』に携わる前の作品にあたり、漫画版『エヴァ』の貞本義行がキャラクターデザインを務めたなどの共通点から、ファンの間では「『エヴァ』は『ナディア』の続編では?」などさまざまな考察がおこなわれ、注目されてきた。

『ふしぎの海のナディア展』では、初期の企画書や庵野の構想メモ、貞本らによるイメージボード、アニメ原画など、貴重な制作資料が一堂に集結。放送当時のファンはもちろん、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観る前に、共通する設定などを見つけて考察してみるのもいいかもしれない。入場料は、前売券1500円など。詳細は公式サイトにて。

『ふしぎの海のナディア展』

期間:2021年2月17日(水)〜3月8日(月)
会場:大丸ミュージアム〈梅田〉大丸大阪店15F(大阪市北区梅田3-1-1)
時間:10:00〜20:00(最終入館19:30) ※最終日は18:00まで(最終入館17:30)
料金:前売券・一般1500円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本