誰が勝つ?!松本人志による「笑いの総合格闘技」新シーズン

2020.8.19 19:15

企画・プロデュースを手がける松本人志 ©2020 YD Creation

(写真8枚)

配信開始から4年目を迎え、絶大な人気を誇る松本人志の企画・プロデュースのAmazonオリジナル番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』。そのシーズン8(全5話)が、8月21日に一挙独占配信される。

プロデューサーの松本が選んだ10人の芸人が、参加費100万円を実費で持ち寄って笑わせ合うドキュメンタリーかつメンタル番組。制限時間6時間で、最後まで笑わなかった者が優勝賞金1000万円を獲得できるというものだ。

シーズン1が配信された2016年以来、不動の人気を誇り、2019年に日本のプライムビデオで最も視聴されたオリジナルバラエティー番組となった。前シーズン7から1年以上を経た新作ということもあり、首を長くして待っていたファンも多い。

シーズン8の参戦芸人は、常連から無名のダークホースまで、幅広い顔ぶれの10人。コンビでは初参加となる千原せいじと千原ジュニアは注目。また松尾駿(チョコレートプラネット)、庄司智春(品川庄司)、チャンス大城、河本準一(次長課長)、藤田憲右(トータルテンボス)が初参戦となる。

ベテラン勢は番組最多参加を誇る藤本敏史(FUJIWARA)、レギュラーと言っても過言ではないケンドーコバヤシ、優勝経験者のくっきー!と隙のない布陣で迎え撃つ。

松本はドキュメンタルの真髄について、「今は好感度が高かったり真面目さを求められたりする時代ですけど、この番組は逆行してますよね。削ぎ落とした戦い、総合格闘技」とコメント。

SNSでは、「人選が予想外過ぎた。全員どうなるか全く読めない。これは楽しみ」「女の子が好きそうな芸人1人もいないのガチだ」とメンバーに期待する声や、脱落者を予想する「ドキュメンタルダービー」が開催されており、配信日に向けて盛り上がりを見せている。

文/フジタミナミ

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン8

配信開始日: 2020年8月21日(金)
話数: 全5話一挙配信
出演: 松本人志(ダウンタウン)、千原せいじ(千原兄弟)、千原ジュニア(千原兄弟)、藤本敏史(FUJIWARA)、チャンス大城、ケンドーコバヤシ、くっきー!(野性爆弾)、河本準一(次長課長)、庄司智春(品川庄司)、藤田憲右(トータルテンボス)、松尾駿(チョコレートプラネット)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本