京都の個性派書店・三月書房、今夏「閉店でなく、週休7日」

2020.4.19 16:00

店は茶の「一保堂」、漆器の「象彦」、墨の「古梅園」など、老舗が並ぶ寺町通りにある

(写真15枚)

名残惜しい限りだが、見納めに、三月書房の店内をちょっとご案内。

入口に、吉本隆明の写真と、「大杉栄と仲間たち」展ポスター。高野文子のサイン色紙
宍戸さんは、親交のある漫画家・グレゴリ青山の作品に「個性派書店の店主」として、度々登場
壮観な背表紙の海。ジャンル分けのプレートはなく、テーマが波のように重なり、うねっているなかを溺れそうになりながら、猫カキで進んでいくようなおもしろさ。ここで鍛えれば、アマゾンのような大海でも沈没しないはずだ
定価よりも安く買えるバーゲン本(自由価格本)を厳選して販売。現品限りで、お買い得
グレゴリ青山と吉本隆明が並ぶショーケースも世界でここだけ(たぶん)
ところどころ、唐突に平置きされている本がある。おすすめなのかと思ったら「入りきらない本です。おすすめと思って買って行く人いるけど」とのこと。吉本隆明の上に、入りきらず寝そべる三島由紀夫

取材・写真/沢田眉香子

「三月書房」

住所:京都市中京区寺町通り二条上ル 要法寺前町721
営業:12:00~18:00 ※月・火曜休
電話:075-231-1924

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本