岡田准一&平岳大、滋賀で特別課外授業

2017.8.16 14:00

特別課外授業イベントの様子(15日・彦根市内)

(写真3枚)

司馬遼太郎の大ベストセラー小説を実写映画化した『関ヶ原』。その主人公・石田三成のお膝元である滋賀・彦根市で15日、出演者の岡田准一と平岳大による小中学生を対象にした特別課外授業がおこなわれた。

この特別課外授業は、映画と関連が深い佐和山の歴史や石田三成公について学習してきた地元・彦根の小中学生を対象にしたもの。イベントの後半、石田三成役の岡田准一と島左近役の平岳大がサプライズで登場、会場のボルテージは一気に上がった。岡田は「歴史を学ぶことは今の自分を知ること。ぜひ歴史を好きになってください。滋賀から応援してもらえるとうれしいです」と、参加した小中学生に語りかけた。

映画『関ヶ原』特別展示の様子(15日・彦根市内)

また現在、「彦根城・天秤櫓」では『映画「関ヶ原」特別展』が開催中。劇中に登場する東軍武将の甲冑や衣装、小道具のほか、彦根市内でのロケ地マップの展示、本陣体験コーナー、原作者・司馬遼太郎に関する企画展示コーナーが展開されている。期間は9月18日まで。

『映画「関ヶ原」特別展』

期間:2017年7月8日(土)〜9月18日(祝・月)
会場:彦根城天秤櫓(要入場料)、夢京橋あかり館(無料)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本