酒とスイーツの組み合わせ、白鶴が提案

2016.12.29 08:00

「まる」とイチゴのショートケーキのマリアージュは、クリームの甘みと酸味のハーモニーがおいしい組み合わせ(22日、白鶴にて)

(写真3枚)

兵庫県の酒どころ、灘五郷にある「白鶴酒造」(神戸市東灘区)が、日本酒&スイーツをテーマにした「白鶴インスタキャンペーン」(〜2月28日)に合わせて、日本酒とスイーツのマリアージュを提案。その組み合わせの発表と試食会が先日、同社にて行われた。

「灘五郷のエリアは、実は洋菓子激戦区。阪神間の日本酒と洋菓子、この二本柱を合わせてほしい」と話すのは、広報担当の大岡和広さん。大岡さんは、マリアージュの考え方には3つあると説明。ひとつめは、イチゴの酸味を日本酒の酸味に重ね合わせるなど、同じ傾向の味わいを助長する組み合わせ。2つめは、香りの異なる物の組み合わせで、チョコレートの甘みを大吟醸の軽やかな苦みに合わせるなど。3つめは、後味を洗い流し、すっきりさせる組み合わせ。日本酒の炭酸で、チーズの濃厚さをさっぱりさせる、などだ。

「大吟醸」とチョコレートケーキは、チョコレートの甘み、苦みが、大吟醸の軽やかな苦みとコクにマッチ(22日、白鶴にて)
「大吟醸」とチョコレートケーキは、チョコレートの甘み、苦みが、大吟醸の軽やかな苦みとコクにマッチ(22日、白鶴にて)

その具体例として合わせたのが、同社の定番商品「まる」とイチゴショート、「大吟醸」とチョコレートケーキ、「淡雪スパークリング」とレアチーズケーキのマリアージュ。これは、日本酒7種とスイーツ13種を組み合わせ、91パターンを実食したなかから、本当においしいと感じたものだという。コクのあるチョコレートと大吟醸の組み合わせは確かに新鮮で、目からウロコのハーモニー。「御影高杉」や「ケーニヒスクローネ」「シンフォニーナガノ」など、スイーツの名店が集まるエリアだけに、日本酒との組み合わせを楽しめるのでは。

取材・文/いなだみほ

『白鶴酒造』

電話:078-856-7190(9:00~17:00:平日のみ)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本