本田望結、今後の「夢」について語る
2016.9.14 22:43

映画監督スティーブン・スピールバーグとディズニーが初めてタッグを組んだ映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』。主人公の日本語吹替版声優を担当した本田望結と、なにわのBFGことオール阪神・巨人が、9月14日「グランフロント大阪」(大阪市北区)で行われた公開記念イベントに登場した。

「夢が叶ってうれしい」と語る本田
「夢が叶ってうれしい」と語る本田画像一覧

今回、声優を初体験した本田望結は「私の夢がディズニーさんの作品をやらせてもらうこと、声優さんをやらせてもらうことが夢だったので、一気に2つも叶っちゃって、すごい幸せです」とあいさつ。今後の夢について尋ねられると「この映画は勇気や希望を届けてくれる映画なんですが、みなさんに夢だったり、笑顔を届けられたらいいなーと思います」と、12歳にして満点過ぎる答え。

そこで、司会にもっとほかにも夢がないかと突っ込まれ「今、フィギュアスケートをやらせてもらっているんですけれど、成長期は体重、身長とかが、ジャンプに影響するので、どれだけ食べても太らへん体がほしいな」と答えたところ、オール巨人は「子どもにしたらかわいそうな夢ですよね。もっと食べて大きくなったらええんちゃうかな」。そして、オール阪神も「太い方がまわりやすいかもしれへんで」とアドバイスした。

左から本田望結、オール巨人、オール阪神。みんなで笑顔あふれるトークを披露
左から本田望結、オール巨人、オール阪神。みんなで笑顔あふれるトークを披露画像一覧

今回の映画は『チョコレート工場の秘密(映画タイトルは「チャーリーとチョコレート工場)」』などを生み出したイギリスの人気作家、ロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人BFG』が原作。児童養護施設で暮らす10歳の少女が、大きくてやさしい巨人ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(BFG)に「巨人の国」へ連れて行かれ、少しずつ友情を育み、やがて、イギリスの危機に立ち向かう姿を描く。9月17日公開。

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』

9月17日(土)公開
監督・製作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:メリッサ・マシスン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
原作:ロアルド・ダール
出演:マーク・ライランス、ルビー・バーンヒルほか
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
Ⓒ2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC and DISNEY ENTERPRISES, INC.
URL:http://Disney.jp/BFG

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ