阿部寛、過酷ロケにも準備万端
2016.2.18 19:10

映像化不可能と言われた夢枕獏の大ベストセラー小説を平山秀幸監督が映画化した『エヴェレスト 神々の山嶺』の合同記者会見が18日、日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の展望台で行われ、岡田准一、阿部寛、平山監督が登場した。

あべのハルカス展望台で記者会見を行った阿部寛
あべのハルカス展望台で記者会見を行った阿部寛画像一覧

邦画初となる、エヴェレスト標高5,200メートルでロケ撮影を敢行した本作。「4,500メートルを超えたときに、明らかに景色が変わったんですね。簡単に言うとサイズなんですけど、これまで自分たちが見たことないような巨大な空間で。自然のご機嫌をうかがいながら、役者もスタッフもそこにお邪魔させていただいて。機嫌を損ねると、もうとんでもないことになったり、命を落としたりする危険のなか、50、60人が集まって小さな点となって、なんとか無事に帰ってきました」と、撮影を振り返った阿部。

「役の替わりはいない」と、準備に余念がなかった阿部寛
「役の替わりはいない」と、準備に余念がなかった阿部寛画像一覧

過酷な状況での撮影となったが、岡田に「阿部さんを頼れば何でも出てくる。ホントに助けていただいた」と言われた阿部は、「脅されて行ったわけですよ。お医者さんにも『お腹を壊したりしたら・・・』とか、向こうで風邪をひいた場合とか、いろんな心配をして。やっぱり役の替わりはいないから、もうめいいっぱい非常食や薬を持って行った」と、撮影前の準備にも余念がなかったようだ。

「エヴェレストの5,000メートル以上で撮影できたことを幸せに思っています。熱い映画になっていると思います」と阿部が語る本作。「TOHOシネマズ梅田」ほかで3月12日より公開される。

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』

2016年3月12日(土)公開
監督:平山秀幸
出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ほか
配給:東宝/アスミック・エース
2時間03分
TOHOシネマズ梅田ほかで上映
© 2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会
URL:http://everest-movie.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。