レゴの新ライドが今春、大阪に登場

2016.1.23 22:29

「マーリン・アプレンティス」は約3分のライド。1台に2名、乗車には90cm以上必要(120cm以下は要付き添い)

(写真2枚)

大阪・天保山のテーマパーク「レゴランド(R)・ディスカバリー・センター大阪」が、春が向けての新アトラクションを発表した。4月のオープン1周年を控え、従来のアトラクションはそのまま、さらに施設が充実する。

2月26日に登場するのが、東京でも人気の「マーリン・アプレンティス」。魔法使いマーリンの弟子(アプレンティス)として空を魔法で飛び回るというライドは、クルクルと周回するライドのペダルを漕ぐと上下する内容に。そして、人気シリーズでもある「レゴ ニンジャゴー」の世界観が味わえる「ニンジャゴー トレーニングキャンプ」が4月に仲間入り。飛び交うレーザー光線を避けながら、ゴールまでの時間を競うというもの。レベルも3段階から選べ、反射神経を鍛えるマシーンとしても楽しめそうだ。

「レゴ ニンジャゴー」はレーザーにあたらないように進んでいく
「レゴ ニンジャゴー」はレーザーにあたらないように進んでいく

普段は子どもと一緒でないと入場できないが、大阪でも月1回『大人のレゴ(R)ナイト』が開催されているので、気兼ねなく体験されたい方はその日を狙って。

「レゴランド(R)・ディスカバリー・センター大阪」

住所:大阪市港区海岸通1−1−10 天保山マーケットプレース3F
営業:10:00~20:00(最終入場18:00)
料金:大人2,500円、小人2,000円、2歳以下無料
電話:06-6573-6010

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本