四季の原点「コーラスライン」2月に

2015.12.15 17:30

公開された、熱気溢れる稽古の様子

(写真2枚)

ダンサーたちが実際に語った身の上話をもとに、振付家マイケル・ベネットがミュージカルに再編成した作品『コーラスライン』が、来年2月から関西で上演されることに。

1975年のブロードウェイでの初演以来、世界20カ国以上で上演されてきた『コーラスライン』。1979年には劇団四季によって上演され、すべての配役をオーディションで決定するという、当時では異例のキャスティング方法も話題となった。以降、35年以上にわたって上演が重ねられ、総公演回数はなんと2,000回以上! 「四季ミュージカルの原点」とも称される、数あるレパートリーの中でも最も重要な作品と言われている。

演出スーパーバイザーとして制作に携わりつつ、演出家・ザック役としても舞台に立つ田邊真也は、「この作品は、我々俳優にとってのリアルなストーリーであるだけでなく、ご覧になるお客さまお一人おひとりの人生に重ね合わせることができるドラマです」とコメント。2月からの上演に自信を見せた。

会見を行った田邊真也(右)
会見を行った田邊真也(右)

関西エリアでは、2月16日の大阪[枚方市市民会館・大ホール]を皮切りに、京都、神戸、兵庫・たつの市で計19公演が上演される。チケットは現在発売中。

ミュージカル『コーラスライン』

日程:2016年2月16日(火)〜(各公演については公式サイトにて)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本