万博、EXPOCITYの行くべきグルメ
2015.11.18 21:10

11月19日にオープンする万博記念公園内の[EXPOCITY]。ショッピングの合間に行くべきランチ、食べるべきおやつをご紹介します。

フードコートでは、太陽の塔が見えるカウンター席がおすすめ
フードコートでは、太陽の塔が見えるカウンター席がおすすめ画像一覧

なんといっても圧巻は3階のフードコート「Food Pavilion」。たこ焼き、オムライスと大阪ならではの人気メニューをはじめ、ボリュームたっぷりのハワイアンバーガー[クア・アイナ]や全国のご当地どんぶりが食べられる店、天丼、親子丼の名店など全17店舗がずらり。町村農場のソフトクリームは内覧会で長蛇の列でした。

1,200席の大空間のなかでもおすすめは、入って右手の、太陽の塔を窓から眺められるカウンター席。フードコートなら家族の食べたい物がばらばらでも、みんなで仲良くテーブルを囲めます。

ゆっくりと大人の空間でくつろぎたいなら、カリフォルニア発のセレクトショップ、ロン・ハーマンのコンセプトストア[RHC]の2階にあるカフェへ。[RHC]はオーセンティックでシンプルでちょっとユニークな、日常を豊かにするアイテムを集めた店。古き佳きアメリカのどこの街にもあったジェネラルストアをイメージ。カフェラテなどのドリンクはもちろん、パスタやハンバーガー、サラダなどもあり、「セルフビルド」で仕上げた温もり感のあるリラックスした雰囲気のなか、しっかりとおいしいごはんが食べられます。

また、気軽なおやつにおすすめが1階の[カルビープラス]。その場で揚げたてをイートインでき、ポテトチップスの大阪限定味や、じゃがりこの姉妹品、ポテりこがアツアツで楽しめます。カルビーのファンを広げるために展開するカルビープラスは全国9店舗。こちらは大阪1号店としてオープン。地域限定商品が満載なので、お土産にもぜひ!

[エッグスンシングス]、[スイーツパラダイスファクトリー]など、18店のレストランが並ぶ1階の「エキスポキッチン」では[万博食堂]が異彩を放ちます。1970年の万国博覧会で軽食堂を出店していたお店がリバイバル! 店内には当時をしのぶレアグッズやお宝映像が満載。アメリカ館や、ソ連館、ドイツ館で出されていた料理を今風にアレンジしたり、ナポリタンやハンバーグ、カレーなど、万博時代に人気が出た懐かしの洋食メニューも。

[万博食堂]の万博カレー(マトン)サラダ付き1,280円。本格的なカレーを当時の万博で初めて食べ、スパイスの辛さに衝撃を受けた人が多かったという逸話が。マトンカレーはニュージーランド館で出されており、話題になった料理
[万博食堂]の万博カレー(マトン)サラダ付き1,280円。本格的なカレーを当時の万博で初めて食べ、スパイスの辛さに衝撃を受けた人が多かったという逸話が。マトンカレーはニュージーランド館で出されており、話題になった料理画像一覧

[万博食堂]のように、当時の万博の様子が垣間見られる写真やディスプレーなどが、ちょこちょこ楽しめるのもEXPOCITYの面白いところ。前述の「Food Pavilion」の入口にも注目を。

[EXPOCITY]

2015年11月19日(木)オープン!
住所:吹田市千里万博公園2-1
営業:10:00〜22:00(営業時間は施設により異なる)
電話:06-6170-5590(代表)

URL:http://www.expocity-mf.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。