内田裕也が苦言「文句言ってやる」
2015.10.15 20:50

「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマにした映画祭『京都国際映画祭』が10月15日に開幕。京都[祇園甲部歌舞練場]で行われた会見に内田裕也らが出席。「今日は黙ってようと思ってたけど⋯」と言いつつ、いつもの裕也節を炸裂させた。

会見に登場した内田裕也
会見に登場した内田裕也画像一覧

オープニング作品の戦争ドキュメンタリー『追憶』と、ラストを飾る『この国の空』について、まずひと吠え。「京都の映画祭にしては、ちょっと左寄りだなと。俺も昔は民主党を応援してたけど、プロデューサーの奥山(和由)に会ったら文句言ってやろうかと思っていて。(映画祭の)スタートとラストが戦争作品というのは、京都らしくない」と、実に内田裕也らしいコメント。

さらに、「最後の『この国の空』は、『おくりびと』を最下位(ワースト1)にした『映画芸術』という雑誌の編集長(脚本家の荒井晴彦)の映画。最初が『追憶』で最後が『この国の空』、京都の良さが出てないと思うんだよね。それがとても残念」と言いつつも、『この国の空』は観ると公言した。

歯に衣着せぬ発言の連発に、同席した桃井かおりも苦笑い?
歯に衣着せぬ発言の連発に、同席した桃井かおりも苦笑い?画像一覧

また、京都という町について、「京都は(内田裕也が)ザ・タイガースを見つけた町。沢田研二や加橋かつみらを東京に連れてきまして。なのに、俺を度外視して、事務所が親と契約を交わした」と、50年経った今でも忘れられない思い出を語った。

内田裕也関連の作品は、宮沢りえ、ビートたけしと共演した映画『エロティックな関係』(1992年/若松孝二監督)、娘婿の本木雅弘らも出演する『魚からダイオキシン!!』(1991年/宇崎竜童監督)の2本の主演映画を上映。映画祭は10月18日まで京都市内の複数会場で開催される。

『京都国際映画祭2015』

期間:2015年10月15日(木)〜18日(日)
時間:プログラムにより異なる
会場:よしもと祇園花月、元・立誠小学校、大江能楽堂、ほか
料金:会場により異なる
URL:http://kiff.kyoto.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。