新ダイビルにレストラン4店オープン
2015.7.21 19:52

7月11日に、大阪・北新地の新ダイビル1・2階の商業ゾーンが開業し、2階フロアに登場したのは、4店のレストラン。ミシュランで星を獲得している、江戸前の技に関西の流儀を加えた[寿し処 黒杉]と、野菜や魚介を中心とした食べて健康になる韓国料理[ほうば]、そして藤田シェフ渾身のイタリアンを披露してくれる[ラチェルバ](旧タベルナ デッレ・トレ・ルマーケ)と北新地の名フレンチ [キャトル ラパン](名物ステーキランチは800円〜)、この4店舗ともが本店をこちらに移転しました。

[寿し処 黒杉]の黒杉さんは、移転にあたってしゃりの味を心機一転。ごはんの粒が大きくなり、寿司の旨みがさらにアップしています。ランチもスタート、3,500円(女性限定)と5,000円のコースです
[寿し処 黒杉]の黒杉さんは、移転にあたってしゃりの味を心機一転。ごはんの粒が大きくなり、寿司の旨みがさらにアップしています。ランチもスタート、3,500円(女性限定)と5,000円のコースです画像一覧

どの店も足元まで全面ガラス張りの開放的な空間に、シェフズテーブルや隠れ家風個室を設けて、大人の楽しみ方ができる店ばかり。さらに1階にも2店舗が近日中にお目見え予定で、堂島の美食時間がさらに充実の予感です。

左から、黒杉章宏さん、谷九[鮨 原正]の石川功さん、[老松 喜多川]の喜多川達さん。この日はプレオープンゆえの豪華メンバーでした
左から、黒杉章宏さん、谷九[鮨 原正]の石川功さん、[老松 喜多川]の喜多川達さん。この日はプレオープンゆえの豪華メンバーでした画像一覧

同ビルは、1963年、建築家・村野藤吾によって設計。2015年3月、装いも新たに完工し、約1,000坪の敷地には、かつての屋上樹苑を継承した堂島の社も。新たに生まれた安らぎの庭園には、旧・新ダイビルの4階部分に設えられていた羊のオブジェや屋上にあった樹齢50年のケヤキやモミジも継承されています。今後、シジュウカラやメジロ、アオスジアゲハなどさまざまな生き物の生息も期待されつつ、すでにビジネスマンやOLの憩いの場となっています。

取材・文/いなだみほ

[新ダイビル]

住所:大阪市北区堂島浜1-2-1
<2F店舗>
寿し処黒杉/電話:06-6342-0919
LACERBA(ラチェルバ)/電話:06-6136-8089
韓国料理 ほうば/電話番号:06-6456-0090
brasserie quatre lapin(キャトル ラパン)/電話:06-6343-8663
URL:http://www.daibiru-tsushin.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。