『Meets』編集部の余談。

飲み干せるカレーで、スパイスチャージ!

2020.5.8 21:19

カテゴリ:街のニュース

買い出しで羽織るアウターも薄着で充分になり、日に日に暑くなってきましたね。気温が上がるとともに、身体が欲するのが、スパイスの刺激。

発売中の「京都の“ちょうどいい”酒場。」特集、京阪神の新店ページ「NEWARRIVAL」では、人気カレー店の注目の新展開にフォーカス。その中から、誌面では泣く泣く紹介できなかった、[食堂チリン]のお昼の絶品カレーをお届けします。

3月に南船場にできた、松屋町[ツキノワ]の姉妹店。「野菜をたっぷりと使い、より身体に優しい別ラインもやってみたかった」という、オーナー・菅尚弘さん。これまで以上に健康を意識した食に関心が高まってきている時ですし、これは嬉しいニュース!

チリンの2種カレー膳1,350円。(写真はチキンカレーとベジタブルキーマの2種)キーマは動物性由来の食材不使用でここまで満足感が!と驚く。

カレー「膳」とある通り、お盆の上にはご飯と一緒に盛られたグリルチキンにダル、揚げナスのスパイス和えなどの日替わりのおかずと、カレースープが別皿でくるスタイル。

スープをご飯に浸してスープカレー風にするもよし、おかずも混ぜてから、好きな分量でかけてみるもよし。食べる人の気分で自由な楽しみ方ができるのが、嬉しいところ。
業態問わず、カスタムできる食べ方の提案は、どんどん増えてきていますね。

中でも特におすすめしたいのが、このカレースープ(写真左上)。見た目はとてもシンプルですが、風味絶佳。 カツオ、昆布、いりこなど[京都うね乃]の厳選された素材で丁寧にとったダシの奥行きが感じられます。この繊細な味わいを壊さず、調和させたスパイス遣いもまた絶妙なバランスで、するすると飲み干せる旨さ!

今はテイクアウトで楽しめます。ぜひ体感を。
写真/島田勇子(内観)


食堂チリン
[大阪・南船場]
大阪市中央区南船場2-7-20
TEL 080-2378-2952
11:30〜14:30LO 18:00〜0:00頃最終入店
不定休
Instagram(@shokudo_chillin
※現在の営業スケジュールはSNS、HPでご確認ください。

◎「NEWARRIVAL」その他の記事はこちら
https://www.lmagazine.jp/meets/

◎電子書籍はこちらから
↓kindle

※楽天kobo/Rederstore/ブックパス/Kinoppy/googleブックス/角川BOOK WALKER/honto/Apple Booksなど順次発売されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE

MeetsRegional編集室 1989年創刊以来(今年で31年目突入!)、関西の街をフォーカスし続けるリージョナル・マガジン。編集部員をはじめ、誌面に携わるさまざまなスタッフが自分の足で探してきた店や人、モノやコトを、私感たっぷりにご紹介。街や酒場の“ゴキゲン”を言い訳に、どうにも飲める(飲み過ぎる)スタッフ多め。現在、「WE♥酒場」をキャッチフレーズに、酒場にまつわるエトセトラを12カ月連続で特集中。毎月1日発売。

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

MeetsRegional編集室 1989年創刊以来(今年で31年目突入!)、関西の街をフォーカスし続けるリージョナル・マガジン。編集部員をはじめ、誌面に携わるさまざまなスタッフが自分の足で探してきた店や人、モノやコトを、私感たっぷりにご紹介。街や酒場の“ゴキゲン”を言い訳に、どうにも飲める(飲み過ぎる)スタッフ多め。現在、「WE♥酒場」をキャッチフレーズに、酒場にまつわるエトセトラを12カ月連続で特集中。毎月1日発売。

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本