勇者よ集え!ファンタジー系脱出ゲーム、大阪・心斎橋で開催

2023.2.19 09:00

「SCRAP」主催『クエストだらけの勇者村からの脱出』

(写真4枚)

始まりは京都のフリーペーパーの特集で生まれたという「リアル脱出ゲーム」。その先駆けである「SCRAP」(代表:加藤隆生)が、3月10日から大阪・心斎橋にてファンタジー系脱出イベントを開催する。

全国各地で挑戦者が現れる体験型イベント、「リアル脱出ゲーム」。廃校や廃病院などホラーテイストなものや、常設展やテーマパークなどでの、ファンタジー系など多様な世界観が舞台となっている。

参加者はそのコンセプトに合わせた舞台で、暗号やパズルなどさまざまな謎をチームや個人で解き、脱出するというもの。時には会場内の道具を駆使し、めくったものの中、開けた箱の中に謎やヒントが出てくるという既成概念を壊される謎解きゲーム。その成功率は約1割ほどだという。

そんな高難易度の謎を解き明かそうと全国各地で有志が募るなか、今回の「クエストだらけの勇者村からの脱出」での舞台は、謎とドラゴンが溢れる「クエス町」。挑戦者は勇者となり、さまざまな「クエスト」と呼ばれる謎解きをしてドラゴンに立ち向かうというもの。ちなみに「クエスト」で稼いだ報酬を使い、会場内を持ち歩ける武器を「道具屋」で購入できるとのこと。RPG要素が随所にちりばめられており、冒険好きにはたまらない。

そんな「クエス町」が現れるのは、「リアル脱出ゲーム大阪心斎橋店」の3月10日から4月9日の期間限定。想定所有時間は110分程度で、1チーム最大4人。チケットは一般平日3500円・土日祝&ハイシーズン3800円。そのほか当日券やグループチケットもあるため詳しくは公式サイトにて。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本