山田涼介が来阪、通天閣スライダーに「うそだぁ!」と興奮

2022.5.28 18:05

映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』の舞台挨拶に登壇した山田涼介(28日・大阪市内)

(写真3枚)

映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』の最速上映会が5月28日、大阪市内でおこなわれ、主演の山田涼介(Hey! Say! JUMP)が舞台挨拶に登壇した。

2021年に月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)にて連載がスタートし、世界累計発行部数8000万部超えの同作。「錬金術」が存在する架空の世界を舞台とし、禁忌とされる人体錬成をおこなった二人の兄弟が失われた身体を取り戻すべく旅をしていくというストーリーだ。

舞台挨拶に登壇した山田は、「なんと完成したのが3日前で…。一番最初のお客さんということで楽しんでいただけるかなとドキドキしています」と緊張気味。

事前に募集した質問で、「山田さんが関西で旅をするなら?」と聞かれ悩む山田に、報道陣から「通天閣は?」と提案が。すると「通天閣行ったことないです!」と反応し、司会者からスライダーが出来たことを知らされると「どこに!?うそだぁ!何メートルですか!?」と興奮。すかさず会場に駆けつけたファンに「滑ったことある方~?(いない様子に)ほらみんな怖くて行ってないんだよ!絶対行かないですね僕は(笑)」と笑いを誘った。

最後に山田は、「原作と照らし合わせながら、『こここんな感じでやってたな』とか思いながら、それぞれの見方で楽しんでいただけたら」と呼びかけた。

『鋼の錬金術師』は2017年に初の実写映画が公開されてから5年、完結編として二部作で原作の最終話までを描ききる。山田をはじめとするメインキャストには、前回と同じく本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多らが出演。 さらに新キャストとして、内野聖陽や新田真剣佑、舘ひろし、渡邊圭祐、黒島結菜、山本耕史、栗山千明、山田裕貴ら豪華俳優陣が加わる。 映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』 は6月24日に公開。

©2022 荒川弘/SQUARE ENIX ©2022 映画「鋼の錬金術師 2&3」製作委員会

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』

『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』 5月20日(金) から公開中
『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』 6月24日(金)公開

監督:曽利文彦
出演:山田涼介、本田 翼、ディーン・フジオカ、新田真剣佑、内野聖陽
配給:ワーナー・ブラザース映画

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本