「映え映え」花好きがときめく、大阪にSNSで人気の新スポット

2022.1.4 16:50

お花をドリンクに見立てた「フラワーシェイク」(各3300円)

(写真11枚)

「おとぎの世界」「映え映え」「写真撮りまくった」・・・と、生花とドライフラワー&カフェ専門店「ウィフ 花&リラクシング」(大阪市福島区)がSNSで人気となっている。

場所は11月にオープンした複合施設「サンカクストア」の一角にあり、特徴的なのは2階のカフェスペース。大阪屈指の品揃えというドライフラワーで埋め尽くされており、特に見上げると色とりどりの花々で埋め尽くされた天井は圧巻だ。

このカラフルさに特徴があり、「独自に編み出した方法で生花の鮮やかな色をキープしつつ、美しく見えるように開花具合も調節しています」と、フローリストで店長の羽柴知佳(はしばちか)さん。特にバラは生花と勘違いする人もいるほどだそう。

1輪から購入もできるが、20〜40代女性に人気になっているのが、お花をドリンクなどに見立てた「フラワーシェイク」(3300円)だ。こちらは、コップにストローやフォークなどと共にドライフラワーがかわいらしくアレンジされており、カジュアルで気軽に飾れるのが人気の理由となっている。

カフェを利用していた40代会社員の女性は、「1階の生花にひかれて入りました。お菓子もおいしくてゆっくりくつろぐことができました。もともと生花が好きなのですが、ドライフラワーもすてきですね。今度はゆっくり花を選びにきたいです」と、空間を満喫していた。

1階に生花、2階がドライフラワー&カフェ専門店。カフェはセルフスタイルとなっており、1階で販売している焼き菓子を持ち込み可。また3階のフォトスタジオでは、花でコーディネートした髪飾りやブーケを使っての撮影も可能。営業は昼11時から夜7時(2階のカフェスペースは、1月14日以降から金曜のみ夜11時まで)。場所はJR「福島駅」から徒歩約7分。

取材・文・写真/二木繁美

「ウィフ 花&リラクシング」

2021年11月6日(土)オープン
住所:大阪市福島区福島1−4−32
営業:11:00~19:00 ※1月14日以降、カフェスペースは〜23:00(22:30LO) 
不定休(2021年12月29日~2022年1月4日)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本