警戒解除で大阪・通天閣が緑色に、学生も「ずっと我慢してた」

2021.10.25 20:30

1年3カ月ぶりの警戒解除に合わせて緑色にライトアップした通天閣(10月25日・大阪市浪速区)

(写真1枚)

大阪府による新型コロナの感染基準・大阪モデルが「解除」となった10月25日。大阪のシンボルのひとつ「通天閣」(大阪市浪速区)が、1年3カ月ぶりに警戒解除を示す緑色にライトアップされた。

あいにくの雨ながら、時報を伝える音楽が鳴り終わり夕方6時になると、「通天閣」が緑色にライトアップ。道行く人も立ち止まってその姿を眺めたり、写真撮影をしていた。

解除を受けて「ずっと我慢していたので久しぶりに飲みに来ました」という大学4年生の男子4人組は、「コロナで学校へ行けなかったりしたけれど、バイトでの出会いや自分で何かを行動して人と関わったりすることもできた。今日は、みんなで楽しみたい」と、うれしそうな表情だ。

全員就職も決まり、来年の春からは新入社員。不動産会社に就職が決まっているというこの学生は、「接客をしなければならない仕事なので、早くコロナが終わって仕事しやすい環境になってほしい。わずかな学生生活だけれど、みんなと思い出を作りたいと思う」と笑った。

通天閣の緑色ライトアップは、26日から31日までの日没から夜11時まで。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本