「阪神梅田本店」がリニューアルオープン、食のフロアが充実

2021.10.7 07:15

1階の「おやつのひきだし」には日本各地のおやつが集結。「地元の人だけが知っているようなニッチなものも集めていいる」と担当者

(写真15枚)

2014年に建て替えに着手し、2018年6月からI期棟を部分開業するなど約7年にわたって工事がおこなわれてきた「阪神梅田本店」(大阪市北区)。10月8日、一部売場を除き先行オープンを迎える。

今回開業するのは、地下2階、1〜9階(一部エリアを除く)で売り場面積4.7万平米。そのうち約3割が食のフロアとなり、9階にフードホールとレストランから成る「阪神大食堂」、地下2階に気軽に一人飲みもできる「阪神バル横丁」、そして1階はパンやティー、おやつの専門店が並ぶ「パンとおやつと、食祭テラス」が登場する。

今回の建て替えプロジェクト担当の鈴木さんは、「『食の阪神』と昔から定評をいただいておりますが、それをさらに進化させ、食べることの幸せを追求したコンテンツを揃えました。食に関するさまざまなイベントを発信する食祭テラスをはじめ、フードホールやバル・グルメゾーンなど、買い物のついででなく『わざわざ食べに行きたい』と思ってもらえるような飲食フロアになれば」と意気込む。

「阪神梅田本店」9階フードホールの様子

9階フードホールには、大阪スパイスカレーを牽引する「ボタニカレー」や大阪新町にある高級創作中華料理店「空心」、地下2階には、予約困難で有名な高槻の中華料理店の新業態「溢彩流香 餃子小厨」など、総じて関西の人気飲食店が多く出店する。

今後、12月に催事場や「無印良品」などを含む5・7・8階の一部売場がオープンし、2022年春に地下1階の「阪神食品館」が完成予定となっている。

「阪神梅田本店」

住所:大阪市北区梅田1-13-13

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本