コロナの後遺症はどこに言えばいいの?大阪で相談受付を開始

2021.7.9 06:45

定例会見のフリップより「大阪府新型コロナ受診相談センターにおける新型コロナ後遺症の相談受付」(7月7日・大阪府庁)

(写真2枚)

新型コロナウイルス感染症での治療や療養を終えた後に、呼吸が苦しかったり、味や臭いがしないなどの報告がある後遺症。大阪府が、府民向けの相談センターで症状のある人からの相談を受け付けることを、7月7日の定例会見で発表した。

新型コロナの後遺症で見られるのは、発熱や倦怠感、気分の落ち込み、思考力の低下、息苦しさや咳、脱毛、味覚・嗅覚の障害など。府の「新型コロナ受診相談センター」は、これら後遺症の症状がある府民からの相談を受け付け、症状や利便性に応じて対応可能な医療機関を紹介する。

会見で吉村洋文知事は、「データを見ると、入院者のうち6カ月後にも何らかの症状を抱えている報告がある。しかしコロナは後遺症が残ると聞いても、どこに問い合わせたらいいかわからないという相談も多かった。そこで、相談に適切に対応する医療機関が必要と考えた」と、相談受付の経緯を話す。

7月2日時点で、府の協力に応じた医療機関は内科、神経内科、呼吸器内科、精神科、耳鼻科、皮膚科など70機関。今後さらに増やしていく予定で、府は医療機関に対し、国や研究機関での調査・研究成果の情報提供やセミナーを実施してサポートすることになる。

吉村知事は、「コロナ治療を終えて後遺症に悩む府民に、24時間体制で対応する。後遺症で悩んでいる方は、ぜひ相談していただきたい」と呼び掛けた。相談受付は朝8時〜夜9時が06-7166-9911、夜9時〜翌朝8時は050-3531-5598。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本