引退する近鉄「12200系車両」、運転体験などの特別企画

2021.6.24 09:00

2021年8月のラストラン(予定)をもって引退する近鉄特急「12200系車両」

(写真2枚)

近畿日本鉄道(本社:大阪市天王寺区)は7月17日、8月に引退予定の「12200系車両」を貸し切りで楽しめる特別体験イベントを開催する。

引退まであとわずかに迫った「12200系車両」を自由に過ごしてもらうことをコンセプトに、同イベントでは1組(1組2名まで)につき1時間の貸し切りが可能に。過ごし方は自由で、車庫線内での運転体験や車内放送および扉開閉操作などの車掌体験、車両担当社員による車両解説ほか、可能な限りリクエストにも応えるという。

近鉄によると、少人数での車両貸し切りは同社初の試み。場所は近鉄大阪線・青山町駅から徒歩10分にある「青山町車庫」(三重県伊賀市)。募集人数は最大7組14人で、未成年の参加は不可。料金は、車両にちなんで1人あたり12万2000円。申し込みは近鉄ホームページより(受付は6月25日・朝10時から)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本