JO1、コロナ禍のデビュー1周年も「今が1番良い雰囲気」

2021.4.29 16:15

JO1(左から川西拓実、河野純喜、大平祥生)

(写真12枚)

「全曲が神曲で、毎日むっちゃ聴いてます」(河野)

──その3RD SINGLEのタイトルが『CHALLENGER』ですが、みなさんが個人的に挑戦だったなと思う曲はありますか?

川西「僕は『Speed of Light』でラップをやったんですけど、それが挑戦でしたね」

大平「僕は今回の楽曲はチャレンジというよりも楽しんだという感覚なので、苦戦はしてなくて・・・」

──その「楽しい」という感覚は以前から?

大平「いやそんなことなかったんですけど、だんだん楽しめるようになったというか。『あ、これ難しいけどおもしろいな』という感じ。とにかく練習したらその分、自信がつくというのを1年で実感したからかな。ラップも本気でやろうと思ってとにかく楽しんで練習したら、自然と褒められるようになって自信がつきました」

「JO1に求められているレベルが上がっていってると思うと、すごくうれしい」と話す河野純喜

──努力すればそれが糧になるというのは、みなさん練習生の頃から誰よりも実感していますもんね。河野さんはいかがですか。

河野「『Born To Be Wild』で初めてセンターを務めることになったので、とにかくみんなに認めてもらえるように頑張りました。あと『Design』のサビが自分的に挑戦でした。今まで生きてきたなかで何百曲と歌ってきましたけど、こんなパートを歌ったことがなくて。難しかったんですけど、レコーディングではめちゃめちゃうまく録れたので、ぜひ聴いてほしいですね」

──ボーカル面でまたさらに成長があったんですね。

河野「ありました。あと個人的な感想なんですけど、今回のシングルが聴き応え満載というかバランスも良くて、全曲神曲。毎日むっちゃ聴いてるんですよ。『JAMのみんなまだ聴けないんやな〜♪』と思いながら、ずっと聴いてます(笑)」(※インタビューはリリース前)

3RD SINGLE『CHALLENGER』のリード曲『Born To Be Wild』

──本当にまったく色の違う6曲で、JO1の新たな一面を見ることができました。これはこの1年でみなさんの表現力の幅が広がったからでしょうか。

河野「それはめっちゃ思いますね。(1stシングルに収録されている)『無限大』のとき、11人全員頑張ったけど、今思えば荒削りだなと思うこともあるし。ずっと聴いていたいと思えるのはそういう部分が成長できたからかなと思います」

──表現力という面でメンバー以外に影響を受けた人はいますか?

大平「僕は韓国にいるラップの先生ですね。この1年間で成長できたのはその先生のおかげなんじゃないかなって。ずっと気に掛けてくれるし、そういう人がいるのは心強いです」

河野「僕はデビューする前から影響を受けまくりなんですけど、EXILE ATSUSHIさんですね。自分の声で自分の曲を表現することになって、何が大事なんだろうとか、あの人やったらどう表現するやろうとか考えたり。歌に対する向き合い方を参考にさせていただいてます」

『Speed of Light』でのラップが挑戦だったと話す川西拓実

──川西さんはどなたかいらっしゃいますか?

川西「スタッフさんです。腰低くて優しくて、仕事を真面目に取り組んでて、社会人としてすごく尊敬できる。かっこいいなって。(スタッフさんからツッコミが入る)・・・いや、ふざけてると思われてますけどガチなんですよ! あ、でも表現力の面での影響か。間違えました!(笑)」

「日本で1番のパフォーマンスグループになりたい」(川西)

──では最後にデビュー2年目の目標を教えてください。

川西「日本で1番のパフォーマンスグループになりたいです」

河野「僕たちのパフォーマンスが認められるようにもっともっと努力して、日本一のパフォーマンスグループはJO1だって言ってもらえるように頑張ります」

大平「そして、やっぱりJAMのみなさんと会いたいです」

「早くJAMに会いたい」と何度も口にしていたJO1の3人(左から大平祥生、河野純喜、川西拓実)

──今年の冬にJO1として初のツアー(予定)が発表されましたね。

河野「ほんまに実現したいです」

川西「JAMに会ったら最初に何言います!?・・・(河野に向かって)3、2、1」

河野「ただいま!」

川西・大平「普通やな(笑)」

川西「(大平)祥生は? 3、2、1」

大平「やっほー」

──新しいですね(笑)。

河野「じゃあ(川西)拓実は? 3、2、1」

川西「(ピースとウインクしながら)イェイ!」

河野「どんどん薄なってるし(笑)」

大平「今、全員ケガしました」

河野「まだ何カ月かあるので準備しときます。とにかく有観客のライブをやったことがないので楽しみですね。もし実現できるなら、最高のライブにしたいです」

川西「期待していてほしいです!」

取材・文/Lmaga.jp編集部

JO1 3RD SINGLE『CHALLENGER』

2021年4月28日(水)発売
【初回限定盤A(CD+DVD)】
価格:1900円 品番:YRCS-90189
1.Born To Be Wild
2.Speed of Light
3.Design
4.伝えられるなら

【初回限定盤B(CD+PHOTO BOOK)】
価格:1900円 品番:YRCS-90190
1.Born To Be Wild
2.Get Inside Me
3.Design
4.伝えられるなら

【通常盤(CD)】
価格:1400円 品番:YRCS-90191
1.Born To Be Wild
2.君のまま
3.Design
4.伝えられるなら

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本