大阪に「#ワークマン女子」が進出、ママ目線でうれしい商品

2021.4.4 14:15

マネキンや店員のコーディネートも参考になる

(写真11枚)

アウトドア・スポーツ・レイン用の機能ウェアを扱う「#ワークマン女子」が4月2日、商業施設「なんばCITY」(大阪市中央区)にオープン。1児の母である記者がママ目線でうれしいと思った新商品を紹介する。

2021年2月にはファッションショー『東京ガールズコレクション』への出場も果たし、近年は女性からの支持も厚い同店のアパレルウェア。今春発売したばかりの新商品も、機能・デザイン・低価格の三拍子揃った服や靴、バッグなどが多数登場している。

防寒や防風、防雨のために作られたフード付きのジャケット・アノラック。同店の「トランスフォームアノラック」(1900円)は、一見普通のジャケットと思いきや、使わないときはバッグへ変身させることができるという驚きのアイテムだ。

ポシェットに変身する「トランスフォーム アノラック」(1900円)

変身方法も簡単で、お腹のポケット部分に本体を丸めて入れ込み、くるりとひっくり返すだけ。仕舞い込むとパンパンになるかと思いきや、財布やスマホを入れる余裕もあり、これ1つあればお出かけの荷物も少なくアクティブに動くことができる。日中と朝晩の気温差が激しい今の時期にも重宝しそう。

そして、ジョギングシューズのような履き心地で全力で走れるサンダル「走れるJOGサンダル」(1900円)。同店オリジナルの高反発ソール「バウンステック」を使用しており、反発力があり柔らかく、芝生の上を歩くような履き心地で足が疲れにくい仕様に。グリップ感があって滑りにくいため、妊婦さんや小さい子どもを持つママたちには特におすすめだ。

色違いもある「走れるJOGサンダル」(1900円)

そのほか、撥水加工が施された「リラックスUVガウチョパンツ」(1900円)、ランドセルやリュックごと羽織れる「BAG in レインジャケット」(3900円)など、かゆいところに届くアイデア商品が数多くスタンバイ。

店頭に立つスタッフの着こなしも参考になるので、コーディネートの相談や、着こなしをそのまま真似するのもおすすめだ。4月2日〜4日までは混雑を見込んで、開店時に入場整理券が配布される予定。営業時間は11〜21時で、場所は「なんばCITY」南館2階。

取材・写真/野村真帆

「#ワークマン女子 なんばCITY店」

2021年4月2日(金)オープン
住所:大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY南館2F
電話:06-6631-8220
営業:11:00〜21:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本