ヒゲダン小笹、初の配信ライブ振りかえり「不思議な気持ち」

2020.10.2 13:15

「Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 – Arena Travelers -」の様子 カメラマン:溝口元海(be stupid)

(写真3枚)

1日に放送されたFM802の番組『ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-』に、Official髭男dismのギター・小笹大輔がオンラインでサプライズ登場。DJの落合健太郎とともに、先日おこなわれたバンド史上初の配信ライブについてトークを繰り広げた。

今年7月、同局のマンスリーゲストとして毎週木曜日に出演していた小笹。「お久しぶり、ただいまです! いや〜待ち遠しかった、喋りたくてギターのことを!(笑)」と、久々の出演を喜んだ。

そして話題は、リアルタイム視聴数12万人を記録したというオンラインライブ『Official髭男dism ONLINE LIVE 2020-Arena Travelers-』について。

3月に予定していたツアーが中止になり、その振替公演としておこなわれたが、小笹は「音楽のことが固まった状態で、改めて映像について考える時間がしっかりあったので、音楽と映像の2本の柱がしっかりしたライブが作れたのではないかな」と、手応えを話した。

今回のオンラインライブは現在アーカイブ配信中。小笹は「不思議な気持ちでしたね。みなさんと同じような温度でアーカイブを見させていただきましたが、楽しくて。これはこれで良い音楽の楽しみ方ができたんじゃないかなと思った」とコメントした。

『Pretender』や『I LOVE・・・』などヒット曲だらけの計19曲を披露した同ライブ。小笹は「ヒゲダンは常に開かれた存在でありたいと考えてて。最近知ってくださった方も楽しめるように、端的に言うとヒット曲を必ずやるってゆう信念を持ってるんですけど、この半年でまた曲が増えたので、逆に選ぶのが難しかったですね」と、裏話を明かした。なおこの番組の模様は8日までradikoのタイムフリーで聴くことができる。

10月3日まで配信されているアーカイブ映像では、副音声でメンバーの声とともに本編映像を楽しめるオーディオコメンタリーも公開されており、今回の配信ライブのチケットを購入すれば追加料金無しで各プラットフォームにて視聴可能だ。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本