ステーキ挟んだ神戸牛型サンド、中華街の新名物目指す

2020.9.7 17:15

「神戸牛ステーキ」980円。牛の表情は3回ほど試作して、現在のニッコリした顔になったそう

(写真10枚)

牧場の柵に見立てた箱のなかに、愛らしい牛型のサンド。神戸・南京町に8月28日、テイクアウト専門の「ハコイリ神戸牛」(神戸市中央区)がオープンした。

鯛焼きと韓国で人気の焼きサンドをヒントに生まれたという同メニュー。カステラ風の生地は卵と六甲山の牛乳を使い、ほんのりとした甘味が魅力。具の種類は「神戸牛ステーキ」や「神戸牛コロッケ」などのグルメ系と、「苺カスタード」などスイーツ系の全8種がそろう。

同店は神戸牛の料理店を50店以上展開する「吉祥グループ」(本社:神戸市中央区)の新業態で、具のステーキやミートパティ、ソーセージ、コロッケは100%神戸牛を使用。契約牧場から1頭買いすることで、1000円以下で神戸牛を身近に味わえる新メニューが生まれたという。

店頭の特注の型で焼き上がる、カステラ風の生地

「こだわりは、愛らしい見た目と、写真を撮りやすいように片手で持てる形です。ここから『放牧』して、ハーバーランドや北野など、ぜひ神戸観光のおともに連れて行ってください。コロナが収束する頃には、南京町の新しい名物になってくれたらうれしいですね」と担当者。

オープン以来、男女問わず1番人気なのは「神戸牛ステーキ」(980円)。近所で働く20代男性客は、「神戸牛はさすがの食べ応えでした。それに、持ちやすいのがいいですね」と話し、食べる前にはSNS用の撮影を楽しんだとか。

営業は11時~18時。

取材・文・写真/塩屋薫

「ハコイリ神戸牛」

2020年8月28日(金)オープン
住所:神戸市中央区元町通2-1-14
営業:11:00~18:00
電話:078-392-2944

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本