奈良県知事「移さないよう、移らないようGoToして」

2020.8.13 09:15

8月7日の定例記者会見で、「ふるさとへの帰省もGoToトラベルの主旨にも基本的に賛成している」と語った奈良県の荒井知事

(写真2枚)

8月7日の定例記者会見で、奈良県の荒井正吾知事は、お盆休みの帰省やGoToトラベルについて「新型コロナウイルスへの感染、特にふるさとへ帰省される方は家庭内感染に気を付けて欲しい」と所感を述べ、「ふるさとへの帰省もGoToトラベルの主旨にも基本的に賛成している」と語った。

その理由として、「コロナはすぐには無くならない相手。社会活動を止めるわけにはいかない。知恵を出して生活と折り合いをつけ、パニックにならないよう危機管理に努めたい」と説明。「健康のためにも気を付けながら、のびのびと行動してもらえたら」と、県独自の緊急事態宣言を出す予定は無く、お願いするとしても、なるべく限定自粛に留まるだろうとした。

感染経路の累計が分かるようにしている点が特徴の奈良県。知事は「感染経路の累計を観察することで感染防止策も限定して分かってくる。この累計には、このように対応すれば良いと奨励できる」と感染経路の累計により、注意すべきパターンが分かりつつあるとした。

その上で、県の大きな防御パターンとして、
●感染経路の累計を観察し、明確にする。それに基づいた明確な注意を出す
●(今までは重症化予防のためだったが)移さないためにPCR検査を行う
●移さないために感染が分かればすぐ隔離

3つの方針をあげ、「一撃ではコロナに対応できない。このように防御、防御で効果が出ることを期待している」と実行に移していることを明らかにした。県民に向けては、「移さないよう、移らないように気を付けてGoToしてください」と呼びかけている。

取材・写真/いずみゆか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本