約200種ずらり、神戸・湊川らしさ堪能できる大食堂

2020.6.12 11:15

もともと湊川商店街の道路面に対して壁面だったが、今回の改装でオープン化

(写真9枚)

神戸の食の新スポット「湊川いちば美食街」(神戸市兵庫区)内に12日、「湊川大食堂」がオープン。神戸の台所と呼ばれる「湊川市場」を昼飲みからランチ、ディナー、テイクアウトまで幅広く楽しめる空間となっている。

湊川市場の魅力を発信していくことを目的とした同店では、同市場内25店から仕入れた食材を使った料理が約200種類スタンバイ。

戦後闇市時代に淡路島の漁師が貝を売りにきていた名残で、今も貝専門店として営業する「七海水産」の貝を使った「わさび貝飯」(580円)や、人気精肉店「ほだかビーフ」の焼き豚と韓国食材店「福井商店」のキムチがセットになった「焼き豚とキムチ」(380円)など、神戸の台所を代表する味を気軽に楽しめるメニューが数多く提供される。

「七海水産」のあさりや赤貝がたっぷり入った「わさび貝飯」は白ハマグリのお吸い物付き(580円)

店内飲食のほかテイクアウト、また気に入った食材を市場内で購入して帰ることもできるので、自分好みの店の発掘などさまざまな楽しみ方ができそうだ。場所は「みなとがわパークタウン」1階で、営業時間は11時〜22時。

取材・写真/野村真帆

「湊川大食堂」

2020年6月12日(金)オープン
住所:神戸市兵庫区荒田町1-20-1 湊川パークタウン1F
営業時間:11:00〜22:00(金土日祝は〜23:00)
定休日:火曜日
電話:078-381-5220

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本